安川圭吾・美穂

派遣国:タンザニア/ダルエスサラーム

Profile
安川圭吾
兵庫県出身。
28歳の時にイエス・キリストを信じる。
南大阪福音教会にて伝道師として4年間主に仕える。
2008年 結婚、宣教師としてタンザニアに遣わされる。趣味は足裏マッサージと家の修理。

安川美穂
大阪府出身。クリスチャンホームに生まれる。
2003年 宣教師としてタンザニア・ダルエスサラ-ムへ。インド系タンザニア人への宣教奉仕。
2008年 1月、結婚後は夫婦で宣教師として遣わされる。趣味は宣教
長女:実結祈(みゆき)2009年生、長男:剣語(けんご)2013年生

「留まることに」

 全ての名に勝る主イエスの御名をほめたたえます。4月1日にタンザニアの日本大使館から、日本への速やかな帰国を検討する ようにとのメールが送られてきました。アフリカの医療事情の悪さとコロナウイルス感染が急速に拡大する可能性が高いことが検 討要請の理由です。また、日本の愛する先生方や兄弟姉妹方もご心配くださって帰国を勧めてくださいました。その時点では日本への唯一のフライトが4月18日成田空港行き(エチオピア・韓国 経由でした。これを逃すともう日本に帰る便はありませんでした。主の御前で祈り、また夫婦で話し合って、私たちはタンザニアに留まってインド人教会の兄弟姉妹と一緒にこの時を乗り越えて行くことに決めました。その後、日本大使館から空港が閉鎖になり、4月18日の便がキャンセルになったとの連絡がありました。結果的にはどちらを選んでも帰国することは出来なかったのですが、結論を見てからでなく信仰によって留まる選択が出来てよかったです。退路が絶たれて、美穂も私も前に向かって進んで行こうという意欲が湧き上がってきました。インド人教会の礼拝は、通訳のハニット兄弟に我が家に来てもらいオンラインで配信しています。毎週、各家庭でパンとぶどうジュースを用意してもらい、共に聖餐式を持ち、離れていても神の家族であることを確認しています。未信者のヒンズー教徒やイスラム教徒からも私たちのオンライン礼拝の配信の希望があり、伝道メッセージも語らなければいけないね、と話し合っています。インド人教会の兄弟姉妹たちにも賛美、証し、メッセージ、祈りを平日に配信するように励ましたところ、毎日2 、3人が配信するようになりました。我が家の子供たちは、学校のオンラインの授業を一生懸命やっています。渋沢教育宣教師がいてくれることが大きな祝福です。よくぞこのタイミングで送って下さったと主に感謝しています。(4月18日の便で帰国するかどうかを私たち家族の必要は気にせずに選択するように伝え、渋沢兄弟も信仰によって留まることを決断されました。)タンザニアから主が力強い義の右の手で日本の愛する皆さまを守って下さいますよう お祈りしております。(圭吾)