安川圭吾・美穂

派遣国:タンザニア/ダルエスサラーム

Profile
安川圭吾
兵庫県出身。
28歳の時にイエス・キリストを信じる。
南大阪福音教会にて伝道師として4年間主に仕える。
2008年 結婚、宣教師としてタンザニアに遣わされる。趣味は足裏マッサージと家の修理。

安川美穂
大阪府出身。クリスチャンホームに生まれる。
2003年 宣教師としてタンザニア・ダルエスサラ-ムへ。インド系タンザニア人への宣教奉仕。
2008年 1月、結婚後は夫婦で宣教師として遣わされる。趣味は宣教
長女:実結祈(みゆき)2009年生、長男:剣語(けんご)2013年生

「主は私の力」

 前号の「へタルの洗礼」の後日談とお祈りのお願いです。私たちの教会メンバーのクシュブの故郷、インドにいるお姉さんヘタルはコロナで混乱している最中に結核を患いました。その後病状が悪化し、ある日医師から「今晩が峠です」との宣告を受けました。クシュブから私に祈りの要請があった時、「今がヘタルに洗礼を授ける時だ」という思いがやって来ました。クシュブを通してヘタルとご家族に手順を説明したところ、未信者のご主人が協力してくれることになりました。そして安川宅、クシュブ宅、ヘタルの病室をビデオコールの通話会議でつなぎ、私が祈って、クシュブが通訳し、ヘタルのご主人がヘタルの頭に水をかけて無事に冠水礼式の洗礼を行うことが出来ました。翌日、クシュブからの電話で、ヘタルの食欲が回復して普通の食事を平らげたと連絡がありました。
 以上が前号の要約です。さて、ここからが後日談です。ヘタルのご主人は、もうこれ以上苦しまずに済むようにと医師から安楽死を提案されていたそうです。そしてその前に最後の願いを叶えてあげるために洗礼に同意してくれたのでした。主の召しに応答して洗礼を受けたヘタルは大きな勝利を経験しました。しかしその後も大きな試練が連続してやってきています。CTスキャンの結果、医師から「右の肺は完全にダメで、左側の肺も一部しか機能していない」と言われました。結核の薬の投与期間が終わった時に完治したかどうかをチェックすべきだったのですが、コロナの爆発的感染による混乱のために病院に行くことが出来ず、結核が再発してしまったとのことです。食事も会話も出来ないぐらいに弱ってしまうこともありますが、一緒に祈るたびに主から力が与えられ症状が改善しています。定期的にビデオ通話で聖餐式を持つようにしています。自分自身の癒しに加えて、家族の救いのためにも祈っていきましょうと励ましています。どうぞ神様の奇跡が現れるようにお祈りください。「この方に信頼する者は失望させられることがない。」(ローマ9:33)(圭吾)



追伸:美穂と渋沢教育宣教師が YouTube にスワヒリ語の賛美をアップしました。
Breeze from Tanzania というチャンネルです。ぜひ聞いてみてください。