安川圭吾・美穂

派遣国:タンザニア/ダルエスサラーム

Profile
安川圭吾
兵庫県出身。
28歳の時にイエス・キリストを信じる。
南大阪福音教会にて伝道師として4年間主に仕える。
2008年 結婚、宣教師としてタンザニアに遣わされる。趣味は足裏マッサージと家の修理。

安川美穂
大阪府出身。クリスチャンホームに生まれる。
2003年 宣教師としてタンザニア・ダルエスサラ-ムへ。インド系タンザニア人への宣教奉仕。
2008年 1月、結婚後は夫婦で宣教師として遣わされる。趣味は宣教
長女:実結祈(みゆき)2009年生、長男:剣語(けんご)2013年生

「神の子どもたちの現われ」

 新型コロナウイルスは神の裁き、それとも悪魔の攻撃でしょうか?世界規模で起こっている出来事を単純化してこれが原因だと断定することは出来ませんが、個人的に主から与えられた御言葉を紹介したいと思います。それはコロナ収束後に、私たちは魂の大きな収穫を得るという約束です。私たちは「ウイルス=病気」と捉えがちですが、人間や動物の命を守るウイルスも無数に存在するそうです。神様が「良しとされた」被造物は、私たち人間の罪のために虚無に服し ( ロマ 8:20)そのために本来良かったはずの被造物が私たちに牙を剝くことがあります。しかし被造物にも希望があります。「被造物も、切実な思いで神の子どもたちの現われを待ち望んでいるのです。( ロマ 8:19)」今は被造物が滅びの束縛から解放されるための産みの苦しみの期間なのです ( ロマ 8:21-22)。産みの苦しみの後には、御霊によって生まれた赤ちゃんと対面する喜びがやってきます。
 ここ数カ月礼拝もオンラインとなり、伝道に出て行くことが出来ない、兄弟姉妹たちにも会えない閉塞感に苦しみました。自分はここで何をやっているのかと後ろめたく感じることもしばしばでした。そして6月 28 日、ついに待ちに待った会堂での礼拝を 4 カ月ぶりに再開しました。兄弟姉妹と共に主を礼拝できることは何という喜びでしょうか。もう一つの喜びは、毎週、新来会者がいることです。礼拝再開を知った人たちが祈りを求めて来ているのです。その中の一人、ヒンズー教徒の M さんは、原因不明の胸の痛みと呼吸困難の癒しを求めて来られました。病院を6回も変えましたが一向に治らず、ここ数カ月は固形物を一切食べられなくなっていました。原因は呪術をかけられたからに違いないと確信させる出来事があったそうですが、偶像に祈っても答えはありません。M さんに十字架の福音を伝え、悪霊からの解放と癒しのために祈りました。翌々日の祈り会に、 M さんは輝く笑顔で現れました。祈りを必要としている親戚の人たちも連れてきていました。聖日礼拝で祈られた後、家に帰ると、突然食欲が戻ってきてご飯を食べることが出来、癒されたことが分かったそうです。ハレルヤ!(圭吾)

追伸:美穂と渋沢教育宣教師が YouTube にスワヒリ語の賛美をアップしました。
Breeze from Tanzania というチャンネルです。ぜひ聞いてみてください。