朴(ダニエル)潤秀・任妍貞(リム・ヨンジョン)

派遣国:韓国/ソウル市北区

Profile
2007年より韓国ソウルにて日本VISION教会主任牧師
在韓日本人伝道
日本VISION教会ホームページ http://japanvision.onmam.com/

「JBA秋学期の訓練を前に」

 毎月第一土曜日から一泊二日のビジネス宣教師訓練生であるJBAの訓練を始める。なぜこの訓練をするのか。訓練を終えた人々がどのような人になることを望むか。そのためには何をどのようにすべきか。悩み続け、祈りながら、もう5 年の年月が経った。新しく10期生を迎え、コロナ感染により一年間中止していた訓練の過程の中で、もう一度新たな挑戦が始まる。
 日韓の「空の道」が閉ざされて日本から講師たちが来られず、日本へ「アウトリーチ」にも行けないので、何か物足りない訓練なのに、訓練生たちが変わっていく姿を見ながら、聖霊の働きを肌で感じる。時には訓練生をもっと育てて立派にしたいという誘惑もあるが、神様は「初めの時の精神を忘れるな」と言われる。実家で娘を立派に育てて嫁に行かせる心情にも似ているが、天の御国が栄えることだけを願い、足りない者であるが、今日も純粋な心で祈り、聖霊の助けを切に願う。
 卒業生たちがどんな人間になったらいいだろう。トレーニングの目標と方向性についての質問に、もっと幸せな人になってほしい。どんな状況の中でも生きておられる神様を信じ、信頼しながら主と歩みをともにする人になってほしい。そして彼らの人生が美しくあることを願う。イエス様の弟子としてイエス様に似た者になってほしい。イエス共同体の精神で、お互いが生涯の同労者として助け合い、お互いのために善良な影響力で祈る「善良な仲間」になってほしい。
 そのため、他の宣教師訓練生と同様に数週間、または数ヶ月の時間では足りないと感じて一学期6ヶ月の3学期の1年6ヶ月の学士課程で訓練を行い、誠実について来てほしい。まず、完全な信仰者として、そして宣教師の誇りをもって成長することを願いつつ、今日も早朝に切実な心で祈る。
お祈りを宜しくお願いします。(ダニエル)

最近教会に来られた方々と

お祈りの課題

  • ソウル日本ビジョン教会の財政が満たされるように。
  • 閉ざされている日韓の扉が開かれ、関係が良くなるように。
  • 統一教会からの脱会者が救われるように。彼らのJBA 訓練のために。
  • 私の働きの母体である、ソウルの日本ビジョン教会の礼拝の上に力強い聖霊の油注ぎがありますように。
  • ビジネス士官学校のJBAに新しく入った3人の青年と2学期生と3学期生にも良い訓練ができますように。また、卒業生たちも日本の教会の手足となって助ける働きができますように。
  • コロナウィルスの問題が収まり、一日も早く日韓関係が元どおりになり、自由に往来ができるようになりますように。
  • また今回、感謝なことがありました。 私は3月8日の日本ビジョン教会の創立12年記念礼拝とJBAの卒業式の直後、日本に来てもう2ヶ月になりました。ソウルの日 本ビジョン教会をこんなに長い時間を離れたのは初めてです。でもこの期間は日本ビジョン教会と私にとり、神様の導きの中で深い主 の恵みを体験する祝福の時となりました。
  • 危機感の中で、すべての聖徒たちは祈り、日本ビジョン教会の献金も減らず、最も集まる姿を目のあたりにしました。
  • 大阪ビジョン教会の賃貸料は11万円なのに 6万円に値引きしてく ださって、JBA HOUSEの賃貸料も 5月分は免除していただけることになりました。(5/19大阪市より民泊許可が下りました。)
  • 八尾福音教会をはじめ、支える会の皆様と覚えてくださる皆様の 祈りにより、一人でJBA HOUSEに住みながら深い主の恵みを味わう時間になっています。(ダニエル)