在原 繁・津紀子

派遣国:アルゼンチン/ミシオネス

Profile
静岡県生まれ。関西聖書学院、MTC(宣教師訓練センター)で学ぶ。
1988年 アルゼンチン日系人伝道に5人家族で出発。
アルゼンチン、ミシオネス州ポサダス市を拠点とし、パラグアイを含め毎月11カ所 (3000Km)を巡回伝道。
サンハビエル開拓伝道を応援後、現在、モンテカルロにて現地開拓伝道を応援。

御殿場純福音キリスト教会ホームページ http://www4.tokai.or.jp/gotembanewhope/

「時に備えて」

  「秋深き隣は何をする人ぞ。」(松尾芭蕉)
この俳句から人と人との空間が美しく保たれた、落ち着いた日本の風土が見えてきます。絶えず人とのスキンシップやおしゃべりを生活習慣とする宣教地の民が、芭蕉の世界を理解することは難しいでしょう。しかし状況は大きく変わりました。「ワッショイ!」 から「隣は何をする人ぞ」が、アルゼンチンの今日の姿なのです。3月に発令された「都市封鎖」、「集会禁止」、「外出禁止」令により集会はできず、食品と薬品以外の買い物は禁止されています。違反者はその場で逮捕という事で、即ち「戒厳令」とご想像ください。 しかし、何もせず家でブラブラしているわけにはいきません。こ こは散らされた羊たちを養うべく、「スマホ」での牧会が力を発揮しています。日々の「御言葉」と「祈り」こそ、神様と人との絆を強める恵みではないでしょうか。私たちも礼拝する時間が通常より増え、逆境下においてこれが大きな力となっています。今は「御声を 聞く」好機なのです。受け取った「御声」はこれでした。「強くあれ。われわれの民のため、われわれの神の町々のために、全力を尽くそう。主はみこころにかなうことをされる。」(サムエル 記Ⅱ 10章12節)日々の執り成しの祈りに力が入ります。 ニュ-ヨ-クで牧会していた故D.ウィルカ-ソン牧師が、1986 年に語った「預言」の一部を紹介します。預言はすべて吟味され、ウィルカ-ソン師の信仰、霊性、実績から、私はこの「預言」を信じ ます。「私は災害がこの世に来るのを見た。(略)ニュ-ヨ-クは鞭打たれ激しく揺さぶられる。未だかつてなかったほど、災害は祈らないクリスチャン達を力をもって砕き、激しく祈らせ、御言葉を読むようにさせる。「悔い改め」は子たちの叫びとなる。各家庭は閉じられ、誰も出入りできなくなり、売り買いもできなくなる。スポー ツは止まり、何百万ドルの契約もできなくなるであろう。町の出入り口は閉ざされ、市の活動は止まるだろう。しかし裁きが下るとき、 残りの聖なる民たちは目覚め、その只中で「賛美」が生まれるだろう。川はそこから流れ溢れ、アメリカと全世界を『リバイバル』へと 導くだろう。」(繁)