長澤久美子

派遣国:韓国/仁川市西区

Profile
福岡県生まれ。
1984年 韓国ろう者宣教師として派遣。
1990年 韓国人 李 斗炯(イ・リュウヒョン)牧師と結婚。
江華島ろう者教会、ろう者国際奉仕教会(DMI) にて夫と共に奉仕。3男の母。
http://japan.deafmin.org/

「アメリカでの御用」

 主にある皆様、お元気ですか?いつも変わらぬキリストの愛の中で祈られ支えられていますこと、心より感謝いたします。去る10月の半ばから短期間ですが、アメリカの義理の姉宅に滞在し、主の恵みをいただいてまいりました。義姉のご主人は脳梗塞で数年前に倒れ、今年危篤状態となりました。私どもの末子のヨハネが神学大学院で学び寄宿舎生活をする中、不安でいる義姉に「側にいて助けて欲しい」と頼まれて今は共に住んで、学びと教会奉仕を続けています。また義兄がぜひ救われるようにと祈っておりましたが、今春ヨハネの奉仕教会の高スンヒ牧師の導きで救い主を受け入れました。ハレルヤ! 私達の考えでは難しい人でしたが、主の御業は人知を超えていました。そして、早く来るようにと義姉に催促されましたが、その前に大切な用事が。京都で奉仕されているWECの呉(オ)テーゴン& 徐(ソ)宣教師御夫妻の来訪とCGNTVの撮影です。サバティカルで母国に数ヵ月戻られた御夫妻は江華インマヌエルろう者教会で撮影を終え、私達夫婦はとても幸いなお交わりを持ち、いよいよ義姉夫婦の待つアメリカへと。
 「あなた、韓国から久美子が来たよ」との義姉の言葉でアメリカでの滞在が始まりました。何となく分かったような、でもおぼろげな義兄の表情。私は挨拶もそこそこに、義兄に手を置いて主に癒しの祈りをしました。すると精一杯目を開けて私を見詰めるのです。私は涙が込み上げてきました。まだ義兄は生かされている!思わず、主に感謝しました。義兄への主の御愛を感じつつ胸が一杯に。
 義兄はいつ召されるかは分かりません。癒し主なる主の助けを信じ、アメリカを後にしました。どうか、義兄の癒しのため、また看病に心を尽くす義姉のためにもお祈りください。また米国滞在中、末息子の奉仕教会 ( グッドサマリタン教会:ジェームズ牧師が中心に) から発信した日本語礼拝のメッセージや証も用いられ、教会メンバーとの良きお交わり、YouTubeでの収録も無事に終え、月末に大切な主人や家族、そして神の家族の待つ韓国に無事戻りました。感謝!