山舗 岳

派遣国:タンザニア/ダルエスサラーム

Profile
山舗 岳
札幌出身。
2013-15年、青年海外協力隊としてタンザニアに数学教師ボランティアとして派遣された経験あり。
約3年前(2018年)に受洗。
宮崎県の公立学校で2年間務めた後、主の導きによりタンザニアのクリスチャンスクールHOPAC(Heaven of Peace Academy) での数学教師としての召しを受ける。
2021年4月に関西聖書学院に入学し3ヶ月間学んだ後、2021年8月より教育宣教師としてタンザニアに派遣。

「派遣の証」

主の御名を賛美いたします。
これまでお祈り、ご支援いただいた方々に、心から感謝申し上げます。
 今回私は、タンザニアのHOPAC(Haven of Peace Academy)というミッション系インターナショナルスクールに教育宣教師として派遣されることになりました。現地では中学部の生徒に数学を教えつつ、福音を伝えていく働きをさせていただきます。
 私が救われたのは約3年前(2018年)のことです。私はその頃、札幌の教員の仕事を辞めてオーストラリアにいました。行った当初は永住権を取って、ゲストハウスを開いて自由気ままに生きていきたい、という夢を持っていました。しかし、現地で生活するうちに本来の目的を忘れて、ただ目の前の楽しみに流されるようになっていました。お金も使い果たし、気づいた時にはビザの期限も迫っていて、日本に帰国するしかない状況になっていました。私は自分の愚かさに直面して、すっかり自信をなくしました。また当時、道を外れたことをしたり、人の恩や愛を裏切ったりすることもあって、そんな汚れた自分に自己嫌悪を抱いていました。ちょうどその頃、日本の教え子に電話する機会があり、その子の親御さんとも電話で話しました。その家庭は牧師家庭で、「岳ちゃん、日本に帰ってきたら教会においで」と言ってくださいました。私は日本に帰ってすぐ、その教会に行きました。私の母教会である札幌の東栄福音キリスト教会です。そこで牧師の遠藤先生ご夫妻に聖書の学びをしていただき、共に祈ってもらいました。私はイエス様の十字架の贖いによる罪の赦しを体験し、救われ洗礼に導かれました。
 私はそれから聖書を読み、祈る生活を始めました。その後、宮崎県に移って臨時教員の仕事をしたのですが、日本で教員を続けていくことは何か違うと感じて、神様の御心にかなう道が与えられるように祈り続けていました。祈りがなかなか聞かれずもどかしく思ったこともありましたが、神様の導きにより大田裕作先生と知り合い、昨年の冬、タンザニアのHOPACというクリスチャンスクールで数学教師として働かないか、というお誘いをいただきました。その時は経済的な難しさもあって、すぐに行くのは厳しいと思い一旦はお断りしたのですが、「神様の御心であれば、主が奇跡を起こして整えてくださるかもしれない。祈っていきましょう。」という大田先生の言葉に励まされ、私も祈りつつ、教会員の方々にも伝えて共に祈ってもらうようになりました。すると本当に不思議なことに、経済的な必要がちょうどぴったり満たされたのです。支える会、OMFのファンドからの支援もいただけることになり、4月からのKBI(関西聖書学院)やタンザニアでの必要経費がすべて整えられました。HOPACへの申請やオンライン面談も全て守られ、正式な採用も決定しました。私は神様の御業に驚き、神様は今も生きて働かれているということを強く実感しました。
 タンザニアのスクールイヤーが8月から始まるということもあり、4月から7月までKBIで学ばせていただきました。ともに神様を見上げる仲間に囲まれ、四六時中、神様に思いをめぐらせる生活はこの上ない幸せでした。福音の恵み深さを改めて知って感動し、賛美や祈りの中で自然と涙が流れることも多々ありました。またKBIでは「十字架、聖霊、そして宣教」ということを理念にしていますが、私はこのことを知識としても実体験としても学ばせてもらいました。神様は宣教に行くにあたって、必要な学びも出会いもすべて与えてくださったと感じています。
 いよいよタンザニアに向けて旅立ちます。あんなに愚かだった私を救い、造り変え、素晴らしい道を整えてくださった神様に心から感謝しています。そして、その背後にある、多くの方々の祈りと支えにも心から感謝します。現地でますます自分を明け渡し、主に従順に仕え、一人でも多くの人に主の愛と恵みを伝えていければと思います。そして、想像を超えて働く主の御業に期待していきたいと思います。