日本から全世界へ!


「アンテオケ宣教会は、世界に宣教の働き人を派遣する教会と、派遣される働き人を支援します。」

アンテオケ宣教会のサイトへようこそ!
私たちは、キリストの福音をこの日本から全世界へ伝えようと活動している超教派の宣教団体です。このホームページでは私たちの活動の一部をご紹介しております。特に海外宣教に興味のある方には情報源、また励ましとなればと思います。皆さんの閲覧を心から歓迎いたします。


最新情報 (現地レポート・ピックアップニュース等)  


  • ▶ 2019.6.21 いつも当宣教会のために、お祈りとご支援をありがとうございます。
    それぞれの宣教師が、現地で、また短期一時帰国で、その場にあって主の働きに前進させていただいております。皆さまのお祈りとご支援を感謝します。総主事が6年ぶりに起こされ、元インドネシア宣教師の大田裕作先生が立てられました。
    今後、日本全国へ出張奉仕をさせていただきながら、宣教集会、セミナー、新しい宣教師の発掘や、支援会立て上げをしていきますので、どうぞ事務局へご依頼ください。
  • ●アンテオケ宣教会35周年記念誌「マケドニアの叫びに応えて」一粒社(右下参照)を、これまで1,700円(税抜)で販売してきましたが、本日より1,000円(税抜)にて販売できるようになりました。どうぞこの機会にお求めくださり、世界宣教について共にお祈りください。
  • ▶ 2019.3.22 こちら浦和では、桜のつぼみも膨らみ始め、桜の開花を待つ季節となりました。
    いつもお祈りとお支えをありがとうございます。今年度も無事にアンテオケ宣教会の働きが祝され、守られたことを主に感謝します。それぞれ遣わされている宣教師たちも、様々なことに遭遇しながらも、大きな事故、事件に巻き込まれることなく、病気で搬送されるということもなく、働きが前進しておりますのは、背後での力強い祈りの賜物です。ありがとうございます。
    新年度も更に、遣わされた地で、大いなる実を結んでいくために、変わらないお祈り、ご支援をよろしくお願いいたします。
    今号のニュースの裏ページに載せましたように、どこへでも宣教に関心があるところへ出張いたします。一人でも多くの方々が、主のみ心によって遣わされていくために、宣教会をあげて、興味、関心のある方々を励ましていきたいと思いますので、貴教会へお招きいただければ幸いです。
    皆様に感謝して、祝福を祈っています。
  • ▶ 2019.2.2 アンテオケ宣教会のためにお祈りとご支援をありがとうございます。
    昨年も、それぞれの宣教師が守られ、それぞれの地で、主のご栄光を表し、多くの実を結ぶことができました。背後でお祈りくださる皆様に感謝いたします。今年も主が豊かに宣教師を用いて、その地に福音が届けれらますようにお祈りください。宣教師の祈祷課題をアップいたしました。お祈りいただければ幸いです。皆様に主の祝福を祈りつつ。
  • ▶ 2018.12.15 クリスマス&新年おめでとうございます。
    いつもアンテオケ宣教会のために、お祈り、ご支援をありがとうございます。
    今年の世相を表す漢字は「災」となったそうです。日本各地で豪雨、地崩れ、地震、酷暑で、心を痛めた年でした。派遣されている宣教地でも、様々なことがありましたが、各宣教師たちが今年も守られ、それぞれ祝福のうちに、働きが前進していることを感謝しています。
    皆さまの背後のお祈りのお支えに感謝です。またどうぞ続けてお祈りください。宣教師たち、そして事務局のためにも、ぜひお祈りください。私たち事務局も、祈ってくださる皆様のために、心から主の祝福をお祈りしています。
  • ▶ 2018.10.07 ここのところ災害大国になってしまった日本ですが、変わらずアンテオケのためにお祈りとご支援をありがとうございます。
    帰国していた在原宣教師夫妻、安川宣教師一家は、無事に帰任しました。
    それぞれの地で、各宣教師たちは、主の業に励んでいます。宣教の前進のために続けてお祈りいただければ幸いです。皆様のお祈りに感謝しつつ祝福を祈っています。
  • ▶ 2018.7.18 西日本の豪雨で、広大な地域に甚大な被害が出て、大変心を痛めてお祈りしています。被災された方々に、神様の深いお慰めと、助け、お支えがあるようにとお祈りしています。
  • ●毎日暑い日が続いていますが、いつもアンテオケのためにお祈りとご支援を賜り感謝いたします。
  • ●今年度から、高橋めぐみ先生は日本ベースになり、支える会は「インドネシアミッション」として名前を変更しました。また高橋真一師千恵美師ご夫妻も、昨年度から日本ベールとなり、モンゴルへミッションツアーの引率とご奉仕をしています。このように、インドネシアとモンゴルへは年に数回ずつツアーが組まれますので、ぜひ興味のある方はお問合せください。また東南アジアの地域でも、宣教奉仕者として訓練を受ける可能性もあります。ぜひ関心がある方は、事務局へお問い合わせください。
  • 2018年 秋「モンゴルアウトリーチ」参加者募集中
    期間:2018年10月23日(火)〜10月30日(火) お申込締切:2018年9月29日(土)
    モンゴルの草原地帯を超えて700キロ。アルハンガイ県のウンドルウラーン村へのアウトリーチです。現地の教会に寝袋で宿泊し、村人との交流を通して福音を宣べ伝え、教会を支援するアウトリーチです。宣教の奉仕に共に立ち上がる仲間を求めています!
    モンゴルアウトリーチ  モンゴルアウトリーチ 
    ※詳しくは画像をクリックしてチラシ内容(PDF)をご確認ください。
  • ●事務局では、アンテオケ宣教会40周年を記念して作製した15分のDVD(無料)がございます。こちらも用いていただければ、お送りいたしますので、メールにてお申込みください。
  • ●各宣教師の祈りの課題は随時アップデートされております。お祈りいただければ幸いです。
    皆さまの祝福をお祈りしています。
  • ▶ 2018.5.8 いつもアンテオケ宣教会のためにお祈り、ご支援をありがとうございます。
    5月、6月は、インドネシア、モンゴルツアーがあり、それぞれのツアーの体験を通して、更に深く世界宣教を知り、その恵みを日本に流し、更に宣教師となって送られる者が起こされるようにと願っています。 
  • ▶ 2018.3.30 あっという間に桜も散り始めましたが、お花見はできましたか?
    いつもアンテオケ宣教会のために、お祈りとお捧げ物をありがとうございます。
  • ●現在帰国中の宣教師は、在原師夫妻と安川師ご一家です。
  • ●高橋めぐみ師は、4月から日本ベースになりインドネシア宣教を続けます。5月には西カリマンタンのツアーがあります。関心のある方は、事務局へお問い合わせください。
  • ●高橋真一師&千恵美師は、6月にモンゴルツアーを予定しています。こちらも221号のニュースレターに掲載されています。関心のある方は、お問い合わせください。
    皆様に神様の祝福が豊かにありますようにお祈りしています。
  • ▶ 2018.2.28 6月6日〜15日モンゴルミッションツアーを開催します。
    高橋真一先生、千恵美先生が引率してのモンゴルミッションツアーを開催します。この機会にモンゴル人教会と交流、ゲル宿泊、草原で賛美など、日本では普段経験できないことが盛りだくさんです!ぜひ参加してみてください(締め切り日に注意をしてください)。詳しくは下記PDFにてご確認ください。
    ※画像をクリックするとPDFが開きます。
    mongol
    ●宣教師の安全および情報保護の理由により「宣教会ニュース」はWEB上での公開内容を一部削除して掲載しています。印刷物の配布では従来通りの内容で継続いたします。
  • ●ブログ、祈祷課題更新中です。ブログやこのHPを訪問された感想など、お気軽に事務局へメールしてください。また、世界宣教に興味がある、重荷があるという方々、何から始めれば良いかわからない等、お気軽に何でもお問い合わせください。私たちは共に道を探っていきたいと願っておりますので、遠慮なくご一報ください。お待ちしております。



BLOG





Antioch News
news226



▶その他のイベント、出版情報

「マケドニアの叫びに応えて」販売価格1,000円(税別)一粒社
アンテオケ宣教会35周年記念誌「マケドニアの叫びに応えて…世界宣教への道」が、一粒社より発行されました。聖書が示す主の世界宣教の計画、現代の宣教師像、宣教師への道、宣教師の生活と奉仕、世界宣教の現状と現代的課題、日本の教会による海外宣教の取り組み、の6部構成で、アンテオケ宣教会の宣教師、元宣教師、主事の他、外部数名からの寄稿を盛り込んでいます。

book_1

※事務局でも(特典付にて)販売しておりますのでどうぞご連絡ください。





▲ページのトップへ