安川圭吾・美穂 宣教師 派遣国:タンザニア/ダルエスサラーム

Yasukawa
Profile
安川圭吾
兵庫県出身。
28歳の時にイエス・キリストを信じる。
南大阪福音教会にて伝道師として4年間主に仕える。
2008年 結婚、宣教師としてタンザニアに遣わされる。趣味は足裏マッサージと家の修理。

安川美穂
大阪府出身。クリスチャンホームに生まれる。
2003年 宣教師としてタンザニア・ダルエスサラ-ムへ。インド系タンザニア人への宣教奉仕。
2008年 1月、結婚後は夫婦で宣教師として遣わされる。趣味は宣教
長女:実結祈(みゆき)2009年生、長男:剣語(けんご)2013年生

◎現地からのレポート

    Africa

    「全世界に言い伝えられているからです」
    タンザニア 安川圭吾・美穂

     「まず第一に、あなたがたすべてのために、私はイエス・キリストによって私の神に感謝します。それは、あなたがたの信仰が全世界に言い伝えられているからです」(ローマ1章8節)
    私たちの牧会するダルエスサラームインド系教会には、様々な言語を母語とする兄弟姉妹たちが集って礼拝しています。最近パキスタン人の家族が加わり使用言語の数が7か国語になりました。礼拝メッセージは英語で語り、ヒンディー語に通訳してもらっています。兄弟姉妹たちのほとんどは、ヒンディー語を聞いて大体は理解出来ても、ヒンディー語の聖書を読むことはできません。それぞれ読み書きできる言語は異なるのです。そのため、メッセージのレジュメを用意するときは、引用聖書箇所を7か国語分(英語、ヒンディー語、グジャラティ語、スワヒリ語,パンジャビ語、ネパール語、ウルドゥ―語)用意して、それぞれの母語で印刷したものを配布しています。多くの言語でレジュメを準備することはかなりの手間と時間がかかるので、もうやめようかと考えたこともありましたが、先日こんな証を聞き、大きな励ましとなりました。
     インドからタンザニアに嫁いできた元シーク教徒のA姉妹は、私たちの教会に通い始めて2年半になります。御言葉に養われ、救いの素晴らしさを体験する中で、今年4月のある日「私、洗礼を受けたいです!」とやってきて、ついに受洗の恵みに与かりました。インド系未伝民族の人々は、主を信じてからも洗礼に至るまでに多くの戦いを経験します。未信者でさえ洗礼が「以前の宗教から切り離され、完全にクリスチャンになることだ」と理解しており、自分の属するコミュニティからの迫害や親族との関係における葛藤を経験するからです。しかし、救いの素晴らしさを体験した人たちは、受洗して完全にキリストのものにされることを願うようになります。
     ついに念願の洗礼を授かったA姉妹は、その顔に溢れる喜びが輝いています。彼女には兄弟が3名いるのですが、一人はオマーンに、二人はインドに住んでいます。この救いの喜びを伝えたいと、A姉妹はパンジャビ語の礼拝レジュメを使って、兄弟たちに電話でみことばを伝えるようになりました。そしてまずオマーンの兄弟がイエスさまを信じ、その後インドの二人もイエスさまを信じました。8月24日にはインドの兄弟二人と、そのご家族全員が洗礼を受けました。そして8月31日には、A姉妹の一人息子のC兄弟が受洗しました!お母さんがすっかり変えられ輝いているのに感動し、自分もイエス様だけを主として生きていきたいと思ったそうです。ハレルヤ!



 

BLOG





Antioch News
news228



▶その他のイベント、出版情報

「マケドニアの叫びに応えて」一粒社:価格はお問合せ下さい
アンテオケ宣教会35周年記念誌「マケドニアの叫びに応えて…世界宣教への道」が、一粒社より発行されました。聖書が示す主の世界宣教の計画、現代の宣教師像、宣教師への道、宣教師の生活と奉仕、世界宣教の現状と現代的課題、日本の教会による海外宣教の取り組み、の6部構成で、アンテオケ宣教会の宣教師、元宣教師、主事の他、外部数名からの寄稿を盛り込んでいます。

book_1

※事務局でも(特典付にて)販売しておりますのでどうぞご連絡ください。