祈りについて  


  • ◎皆様の祈りが必要です
    「勤勉で怠らず、霊に燃え、主に仕えなさい。望みを抱いて喜び、患難に耐え、絶えず祈りに励みなさい。」(ローマ12:11−12)
    アンテオケ宣教会の働きは、ご協力いただく教会や関連団体、そしてこの働きを覚えてくださる一人一人の祈りによって支えられています。一人の力は小さくても、心をひとつにして皆で祈り、献げていくならば、世界宣教の働きは更に前進していくのです。その歩みに一人でも多くの方が加わってくださることを願っています。

  • 【南米
    ★アルゼンチン:在原繁・津紀子師:

    ・経済恐慌が深刻化しており、治安悪化,不況、国外流入失などが起こっています。職を失った方々に、主の助けがあり、生活が守られますように。信仰にしっかり立っていけますように。
    ・現地のクリスチャンたちに知恵ある支援をすることができますように。
    ・身寄りのない方々や病人を抱えた方々に、主が必要をお与えくださいますように。
    ・モンテカルロ教会の礼拝が更に祝されますように。
    モンテカルロ教会の会堂建設は、資材高騰と献金の低下でしばらく中止しています。再開の道が開かれますように。
    ・パトリシア姉は沖縄で宣教訓練中です。日本語の学び、日本の文化によく適応しますように。
    ・パラグアイの広大な4か所の日系宣教区に日本人の牧師か宣教師が起こされますように。

     ・在原師ご夫妻の健康と長距離の運転が守られますように。
  • 【欧州 】
    ★ドイツ:井野葉由美師: 

    ・ドイツの地方、ヨーロッパ各地の無牧の諸教会、諸集会の群れが守られますように。ふさわしい牧会者が遣わされますように。
    ・祈っている方々が主に出会いますように。
    ・教会の柱となるクリスチャンホームと、男性が与えられるように。
    ・日本に帰国した方々が日本で教会にしっかり繋がりますように。
    ・現地の日本人コニュニティーから求道者が導かれますように。 異端などから守られますように。
    ・ハノーバーの音大の掲示版が用いられ、新しい人々が導かれますように。ブレーメンには核になる人が起こされ、近隣からも集う方々が起こされるように。
    ・右手親指の付け根の痛みが治まりますように。

  • 【アフリカ 】
    ★タンザニア
    :安川圭吾・美穂師:

    ・最近受洗した姉妹の娘さんが救われますように。
    ・10年ぶりに教会に帰ってきた姉妹が、霊的な問題やアルコールの問題から解放されますように。
    ・まだ届いていないコミュニティに福音が届けられますように。
    ・ご一家が、霊、肉、魂が祝され、事故、犯罪、あらゆる病気から守られ、元気に奉仕ができますように。
    ・剣語くんの小学校生活が祝されよく適応して、学校生活を楽しめますように。
    ・T兄が教育宣教師としてご奉仕しています。C,Sの奉仕やユースとの関わりが祝されますように。

  • 【アジア 】
    ★韓 国
    :長澤久美子師:

    ・日韓関係の回復のために。政治、為政者に主の導きがありますように。主の平和が与えられますように。
    ・ロー者教会にリバイバルが起こり、御霊の実を結んでいけますように。
    ・離れてしまった方々が再び教会に来れますように
    ・Sさんが台風で被災し、農作物がほぼ全滅しました。主の慰めと励ましがありますように。
    ・30年間教会から離れてしまっていた姉妹と聖書の学びを始めました。彼女の信仰が回復しますように。
    ・教会に導かれているフィリピン人のろうあ者や、新しい方々が、救われますようjに。
    ・教会の経済が満たされますように。
    ・ご夫妻が霊肉共に健康が支えられ、強められますように。特にご主人の李先生の頭痛が癒されますように。牧会伝道が祝されますように。

     ・3人のお子さんたちがそれぞれの道で、豊かに用いられますように。
  • ★韓 国:ダニエル朴・任妍貞師:

    ・ビジョン教会の枝教会として、大阪に日本ビジョン教会を開拓しました。日韓共に、礼拝が祝され、救われる魂がおこされますように。
    ・教会の経済の必要が満たされますように。
    ・日本BAM士官学校の祝福のために。訓練生が良き器として用いられ、ふさわしいところへ派遣されていき、日本で実を結んでいけますように。講師としてご奉仕してくださる方々の祝福のために。
    ・日本で宣教報告の機会が祝されますように。

  • ★韓 国:三輪修男・文子師:

    ・夏から新しい場所で始まった教会を主が祝してくださいますように。
    ・教会の方々が喜んでご奉仕してくださいますように。
    ・日韓の諸教会と信徒の交わりが、主によって深められ、祝されていきますように。
    ・教会のご高齢の方々の健康が支えられますように。
    ・毎月の必要が満たされ、教会会計が祝されますように。

     ・祷援者が起こされ、支える会の充実と、ご夫妻の健康が支えられるように。
  • ★インドネシア:高橋めぐみ師:

    ・エンティコンの新グロリア寮Ⅰ、スルートゥンバワン・グロリア寮Ⅱなど、各寮の地盤や修復など、主がすべて最善に導かれますように。
    ・エンティコン・グロリア寮Iの土地の書類の訂正など、土地局の問題がスムーズに解決に導かれますように。
    ・寮生たちの寮生活が祝され、主に出会っていけますように。良い成長の時となりますように。
    ・寮出身者たちの高校卒業後の進路のために。子供たちに経済の必要が満たされ、道が開かれますように。
    ・日本ベースで、KBIでの働きとインドネシア宣教が祝されますように。
    ・宣教師がインドネシアに遣わされていきますように

     ・ご高齢のご両親の守りのために。
  • ★モンゴル:高橋真一・千恵美師:

    ・真一師の両足の肉離れはあと一歩のところまで回復しています。普通に歩けるまでに回復しますように。
    ・外部でのデピュテーションが祝されますように。
    ・モンゴル宣教と日本の牧会が祝され、宣教奉仕のバランスが保たれるように
    ・現地で様々な霊的、実際的な問題を抱えている方々に主が解決の道を開いてくださいますように。
    ・働き人の経済的な問題に主が必要を備えてくださいますように。
    ・モンゴルキッズプロジェクトが祝され、TX教会と良い協力、連携がなされていきますように。
    ・在日モンゴル人教会が設立しますように。
    ・ご夫妻の健康が支えられますように。





宣教活動への支援について 宣教師への具体的支援


  • ◎宣教師を支援するには

  •  想像してみてください。もしあなたが宣教師だったら、日々どういう生活をしているでしょうか。気候や水や食物に慣れ、ことばや生活様式、その地独特の価値観や人間関係のあり方を習得し、現地の人のようなしぐさや表情、買い物でのやり取りが自然にできるようになるまでに、どれくらいの時間とエネルギーがかかるでしょうか。日本の「あたりまえ」が通じない世界で、緊張とストレスの続く中、人々に与え仕えるつもりが、それ以上に現地の人々の世話になりながら、「よそ者」として生活を続けます。思うようにならない中で時には無力感を覚え、必ずしも歓迎されるとは限らない環境で、何が自分を支えるのでしょうか。
      宣教地で生活はしていなくても、私たちは共に主に仕え、福音の前進のために共に重荷を分かち合います。宣教師が日々主と現地の人々に仕えるために、私たちは何ができるのでしょうか。

  • 01. 現地の状況を知る
    宣教師の派遣されている国や地域の状況を理解していただくことは、祈りや具体的な支援のためにとても重要なことです。民族の習慣、文科の違い、政治的な問題など、さまざまな課題があります。具体的な情報については当事務局にお問い合わせください。
  • 02. 必要とされている内容を知る
    派遣宣教師にとって今何が必要なのか、この先必要となるものはどのようなものかについては、日々状況が変化しそれぞれ異なりますので、お問合せいただければ可能な範囲でご案内いたします。
  • 03. 経済的支援について
    宣教師やアンテオケ宣教会の働きのために経済的支援をくださる方は、下記口座へお振込みいただければ幸いです(ゆうちょ銀行、その他金融機関からのお振込)。

    ★ ゆうちょ銀行
    口座番号:00170-4-10379
    口座名義人:アンテオケ宣教会

    ★その他の金融機関からお振込いただく場合
    店  名:ゼロイチキュウ店
    預金種目:当座
    口座番号:0010379
    受取人氏名:アンテオケ センキョウカイ

    ★三菱東京UFJ銀行
    店  番:173
    口座番号:1068695
    受取人氏名:アンテオケ宣教会

  • 04. 物質的支援について
    宣教師のご家庭や現地への物質的な支援については、国や現地の情勢等により行えない場合もありますので、当事務局へお問合せください。
  • 05. 奉仕への参加について
    宣教地によっては、専門技能や知識、特定分野での経験が役立つ場合があります。また、事務局でも一時的に手伝ってくださる方が必要な時があります。志のある方は、事務局へお問い合わせください。

BLOG





Antioch News
news227



▶その他のイベント、出版情報

「マケドニアの叫びに応えて」一粒社:価格はお問合せ下さい
アンテオケ宣教会35周年記念誌「マケドニアの叫びに応えて…世界宣教への道」が、一粒社より発行されました。聖書が示す主の世界宣教の計画、現代の宣教師像、宣教師への道、宣教師の生活と奉仕、世界宣教の現状と現代的課題、日本の教会による海外宣教の取り組み、の6部構成で、アンテオケ宣教会の宣教師、元宣教師、主事の他、外部数名からの寄稿を盛り込んでいます。

book_1

※事務局でも(特典付にて)販売しておりますのでどうぞご連絡ください。





▲ページのトップへ