安川圭吾・美穂 宣教師 派遣国:タンザニア/ダルエスサラーム

Yasukawa
Profile
安川圭吾
兵庫県出身。
28歳の時にイエス・キリストを信じる。
南大阪福音教会にて伝道師として4年間主に仕える。
2008年 結婚、宣教師としてタンザニアに遣わされる。趣味は足裏マッサージと家の修理。

安川美穂
大阪府出身。クリスチャンホームに生まれる。
2003年 宣教師としてタンザニア・ダルエスサラ-ムへ。インド系タンザニア人への宣教奉仕。
2008年 1月、結婚後は夫婦で宣教師として遣わされる。趣味は宣教
長女:実結祈(みゆき)2009年生、長男:剣語(けんご)2013年生

◎現地からのレポート

    Africa

    「引っ越しと新展開」
    タンザニア 安川圭吾・美穂

      昨年末、5年間住んでいたカリアコーのアパートを出て、別の地域に引っ越しをしました。カリアコーでは、毎晩日本ではありえないレベルの騒音に悩まされたり、すぐ近くで催涙弾が破裂したりと、いろいろありました。一番困っていたのは、子供たちをスクールバスの乗り場や幼稚園に送迎するのに、一日4往復しなければならないことで、渋滞で一往復に一時間以上かかることもありました。そんなわけで、送迎に便利なウパンガ地区に、予算内でアパートが与えられるように祈っていました。主はその祈りに答えて下さって、なんと実結祈のスクールバスの停留所の目の前にアパートが与えられたのです。学校や住宅が密集している環境の良い地域で、涼しく、剣語の幼稚園もすぐ近くです。しかも家賃はカリアコーで払っていたのと同じ額でした!そして何より、ご近所さんの9割がインド系の人々です。カリアコーに住んでいるインド系とはまた違う民族グループで、これまでまだ届くことが出来ていないグループの人々です。今年は教会の兄弟姉妹たちと共に、これまで以上に熱心に未伝民族の救いのために祈るようになっており、早速いろいろな出会いが与えられ始めています。新居のアパートでは、あることをきっかけに三軒のご近所さんたちと親しくなることができました。イスラム系の二家族とヒンズー系の一家族で、みんなインド系です。子供達同士も仲良くなってきて、互いに行き来するようになりました。元々インド系の人たちは親戚同士で近くに住み、助け合って生活してきましたが、最近は新興のアパートに住んで、言葉や文化の異なるご近所さんとは知り合わないまま生活することが増えています。そんな中で、親しい近所付き合いが開かれてきているのは、祈りが聞かれ、聖霊が働かれているからだと感じています。私たちのうちにおられるキリストが、ご近所さんたちに触れて下さるように、聖霊の協力者として生きていきたいと願っています。どうぞ良い証をすることが出来ますように、主が導かれる方との出会いがさらに与えられますように、ご一緒にお祈り下されば幸いです。



 

BLOG





Antioch News
news224



▶その他のイベント、出版情報

「マケドニアの叫びに応えて」販売価格1,700円(税別)一粒社
アンテオケ宣教会35周年記念誌「マケドニアの叫びに応えて…世界宣教への道」が、一粒社より発行されました。聖書が示す主の世界宣教の計画、現代の宣教師像、宣教師への道、宣教師の生活と奉仕、世界宣教の現状と現代的課題、日本の教会による海外宣教の取り組み、の6部構成で、アンテオケ宣教会の宣教師、元宣教師、主事の他、外部数名からの寄稿を盛り込んでいます。

book_1

※事務局でも(特典付にて)販売しておりますのでどうぞご連絡ください。