安川圭吾・美穂 宣教師 派遣国:タンザニア/ダルエスサラーム

Yasukawa
Profile
安川圭吾
兵庫県出身。
28歳の時にイエス・キリストを信じる。
南大阪福音教会にて伝道師として4年間主に仕える。
2008年 結婚、宣教師としてタンザニアに遣わされる。趣味は足裏マッサージと家の修理。

安川美穂
大阪府出身。クリスチャンホームに生まれる。
2003年 宣教師としてタンザニア・ダルエスサラ-ムへ。インド系タンザニア人への宣教奉仕。
2008年 1月、結婚後は夫婦で宣教師として遣わされる。趣味は宣教
長女:実結祈(みゆき)2009年生、長男:剣語(けんご)2013年生

◎現地からのレポート

    Africa

    「家族の回復」
    タンザニア 安川圭吾・美穂

     先日、デピュテーションで関東の教会を訪問するついでに、妹の家に立ち寄ってきました。お互いに近況を報告しあっている時に、彼女がこんな話をしてくれました。「この前、職場の独身の同僚からこんな質問をされたの。『結婚のメリットって何ですか?子供以外で。』」帰りの電車の中で、私だったらその質問にどう答えるだろうと考えました。すぐに答えを思いつきました。私だったらこう答えます。「結婚して家庭を持つことは、自分の命よりも大切な存在ができるということだ」と。イエス様はこうおっしゃいました。「受けるよりも与える方が幸いである」(使徒20:35) 愛されるより、愛する人がいる方が幸せです。相手からどんなメリットを得られるかよりも、どんな祝福を与えられるか考えた方が幸せです。(これは、家庭内に限ったことではありません。教会内でも同じです。)医療事情の悪いタンザニアで、妻や子供たちが原因不明の病気で苦しむことがしばしばありました。主に祈っても癒しが即座にはあらわれず、高熱が続きました。苦しむ姿を見て胸が締め付けられるように痛みました。いっそのこと、自分が代わりに苦しむことが出来たらいいのに思いました。そのことを回想するときに思うことは、私たちの主イエスさまはそのようなお方だということです。1ヨハネ4:10にこう書かれています。「私たちが神を愛したのではなく、神が私たちを愛し、私たちの罪のために、なだめの供え物としての御子を遣わされました。ここに愛があるのです。」なぜ愛されるより愛する方が幸せなのか? それは、神が私たちをご自身の似姿に造ってくださったからです。世界中で悪魔が特に集中的に破壊を企てている領域が結婚関係と家族です。創世記12:3で主はアブラハムにこう約束されました。「地上のすべての民族はあなたによって祝福される」これは世界宣教の発露として有名な箇所です。この「すべての民族」は原語のへブル語聖書では「すべての家族」と書かれてあるのです。神は世界宣教を通して、結婚と家族を回復して下さいます。
    (圭吾)



 

BLOG





Antioch News
news222



▶その他のイベント、出版情報

「マケドニアの叫びに応えて」販売価格1,700円(税別)一粒社
アンテオケ宣教会35周年記念誌「マケドニアの叫びに応えて…世界宣教への道」が、一粒社より発行されました。聖書が示す主の世界宣教の計画、現代の宣教師像、宣教師への道、宣教師の生活と奉仕、世界宣教の現状と現代的課題、日本の教会による海外宣教の取り組み、の6部構成で、アンテオケ宣教会の宣教師、元宣教師、主事の他、外部数名からの寄稿を盛り込んでいます。

book_1

※事務局でも(特典付にて)販売しておりますのでどうぞご連絡ください。