安川圭吾・美穂 宣教師 派遣国:タンザニア/ダルエスサラーム

Yasukawa
Profile
安川圭吾
兵庫県出身。
28歳の時にイエス・キリストを信じる。
南大阪福音教会にて伝道師として4年間主に仕える。
2008年 結婚、宣教師としてタンザニアに遣わされる。趣味は足裏マッサージと家の修理。

安川美穂
大阪府出身。クリスチャンホームに生まれる。
2003年 宣教師としてタンザニア・ダルエスサラ-ムへ。インド系タンザニア人への宣教奉仕。
2008年 1月、結婚後は夫婦で宣教師として遣わされる。趣味は宣教
長女:実結祈(みゆき)2009年生、長男:剣語(けんご)2013年生

◎現地からのレポート

    Africa

    「宣教師を送り出す教会へ」
    タンザニア 安川圭吾・美穂

      私たちの教会のリーダー、ニレッシュ兄とクシュブ姉ご一家が聖霊の導きを受け取り、11月初めにインドに移住することになりました。私たちの教会で救われ、洗礼を受け、教会設立当初から私たちと一緒に成長してきたご夫妻です。行ってしまうのは本当に寂しくまだ信じられない気持ちですが、主が彼らを導かれていることを私たちも受け取り、宣教師として派遣し励ましていくことにしました。
     彼らが遣わされて行くのはインド北部にあるクシュブの出身地で、インドの中でも宣教の最も難しい地域の一つです。ここからクシュブはヒンズー教徒の花嫁としてタンザニアにお嫁に来ました。タンザニアで多くの苦労をし、一時は自ら死を選ぼうとするほど暗闇の中にいました。 しかしイエス様と出会い、その人生が大きく変えられて、今では多くの婦人たちをイエス様に導くようになっています。 そしてもうすぐ、今度はキリストの大使として故郷に遣わされようとしていることを思うと本当に感動を覚えます。インドにいるクシュブのお母さんは数年前、クシュブのお産のサポートでタンザニアに来て救われ洗礼を受けました。クシュブのお姉さん一家もクシュブの証を通してイエス様を信じ、偶像もすでに処分してクシュブたちがインドに来てハウスチャーチを始めるのを待っているそうです。また、お姉さんの知り合いで、クシュブが電話で祈って主の癒しを受けとったイスラム教徒の一家も彼らの到着を心待ちにしています。  10月27日の晩、教会リーダーの数家族が我が家に集まり宣教師任命派遣式をしました。主の豊かな臨在の中、油を注ぎ二人を宣教の働きのために聖別し祈りました。温和な祈りの人の二レッシュと情熱的で伝道熱心なクシュブ。私たちの教会にとっては大きな柱のような存在でした。正直、寂しくて心にぽっかり穴が空いたような気持ちですが、アンテオケ教会がパウロとバルナバを信仰をもって遣わしたように、私たちも最高の働き人を宣教の為に送り出すことを喜び祈り支えていきたいです。(圭吾)



 

BLOG





Antioch News
news224



▶その他のイベント、出版情報

「マケドニアの叫びに応えて」販売価格1,700円(税別)一粒社
アンテオケ宣教会35周年記念誌「マケドニアの叫びに応えて…世界宣教への道」が、一粒社より発行されました。聖書が示す主の世界宣教の計画、現代の宣教師像、宣教師への道、宣教師の生活と奉仕、世界宣教の現状と現代的課題、日本の教会による海外宣教の取り組み、の6部構成で、アンテオケ宣教会の宣教師、元宣教師、主事の他、外部数名からの寄稿を盛り込んでいます。

book_1

※事務局でも(特典付にて)販売しておりますのでどうぞご連絡ください。