安川圭吾・美穂 宣教師 派遣国:タンザニア/ダルエスサラーム

Yasukawa
Profile
安川圭吾
兵庫県出身。
28歳の時にイエス・キリストを信じる。
南大阪福音教会にて伝道師として4年間主に仕える。
2008年 結婚、宣教師としてタンザニアに遣わされる。趣味は足裏マッサージと家の修理。

安川美穂
大阪府出身。クリスチャンホームに生まれる。
2003年 宣教師としてタンザニア・ダルエスサラ-ムへ。インド系タンザニア人への宣教奉仕。
2008年 1月、結婚後は夫婦で宣教師として遣わされる。趣味は宣教
長女:実結祈(みゆき)2009年生、長男:剣語(けんご)2013年生

◎現地からのレポート

    Africa

    「同じ時刻に」
    タンザニア 安川圭吾・美穂

     ヨハネの4章にイエスさまが王室の役人の息子を癒された出来事が書かれています。
    息子の癒しを求めてやって来た役人にイエスさまは言われました。「帰って行きなさい。あなたの息子は直っています。」 役人は家に帰る途中、自分のしもべと出会い、息子が直ったことを知ります。「何時に良くなったのか」、「きのうの7時です」 それは、まさにイエスさまが癒しを宣言されたのと同じ時刻でした。
     ある徹夜祈祷での出来事です。それぞれ祈りの課題をシェアーした後、集中的に祈っていきました。K姉はインドにいる親戚からの祈りの要請を分かち合いました。その親戚の3歳の息子さんが重い病気にかかり、3日間ほとんど飲まず食わずの状態ということでした。
    私たちの祈り会では、祈りと祈りの間に賛美を歌い、主の臨在を歓迎するようにしています。祈りが答えられる鍵は臨在と信仰にあるからです。主を賛美した後、その男の子の癒しを一斉に祈り、再び賛美。そして、次の祈りの課題へと進んでいきました。
     翌日、その親戚から感謝の報告が届きました。インド時間の明け方に、その男の子は突然、叫び声をあげだして、それから何度も嘔吐したそうです。(胃の中は空っぽなはずなのにです。悪霊が出ていく時、嘔吐する反応があらわれる場合がよくあります。) その時から、男の子は、それまでの苦しみが嘘のように、完全に元気になったそうです。 インドとタンザニアの時差を計算すると、丁度私たちが祈っていた時刻にその男の子が癒されたことを知りました。 みんな驚きと畏敬の念をもって、お互いに顔を見合わせ、それから主をほめたたえました。



 

BLOG





Antioch News
news220



▶その他のイベント、出版情報

「マケドニアの叫びに応えて」販売価格1,700円(税別)一粒社
アンテオケ宣教会35周年記念誌「マケドニアの叫びに応えて…世界宣教への道」が、一粒社より発行されました。聖書が示す主の世界宣教の計画、現代の宣教師像、宣教師への道、宣教師の生活と奉仕、世界宣教の現状と現代的課題、日本の教会による海外宣教の取り組み、の6部構成で、アンテオケ宣教会の宣教師、元宣教師、主事の他、外部数名からの寄稿を盛り込んでいます。

book_1

※事務局でも(特典付にて)販売しておりますのでどうぞご連絡ください。