安川圭吾・美穂 宣教師 派遣国:タンザニア/ダルエスサラーム

Yasukawa
Profile
安川圭吾
兵庫県出身。
28歳の時にイエス・キリストを信じる。
南大阪福音教会にて伝道師として4年間主に仕える。
2008年 結婚、宣教師としてタンザニアに遣わされる。趣味は足裏マッサージと家の修理。

安川美穂
大阪府出身。クリスチャンホームに生まれる。
2003年 宣教師としてタンザニア・ダルエスサラ-ムへ。インド系タンザニア人への宣教奉仕。
2008年 1月、結婚後は夫婦で宣教師として遣わされる。趣味は宣教
長女:実結祈(みゆき)2009年生、長男:剣語(けんご)2013年生

◎現地からのレポート

    Africa

    「地の果てアフリカで主の証人となる」
    タンザニア 安川圭吾・美穂

     7月に日本から9人の兄弟姉妹がタンザニア宣教ツアーに来られました。高校生3人、ユース4人を含む若さ弾けるメンバー構成で、笑いの絶えない楽しいツアーでした。集会がびっしりと詰まったスケジュールでしたが、スキット、賛美、ダンス、証、メッセージ、CS奉仕と、それぞれの賜物に応じて本当に良い奉仕をして下さいました。そして、いよいよ最後のお別れ集会。主が素晴らしいみわざをなして下さいました。
    日本人チームの中から、長年難病で苦しみ、一度は心臓が30分止まって天国に引き上げられた経験のある姉妹が証をして下さいました。闘病が長く最も苦しかった時期、なかなか癒されない苦しみと怒りをぶつけて主に叫んだ時、霊の目が開かれ、主にしっかりと抱かれていたことが分かったそうです。主の愛に包まれ、幸せを感じながら、聖霊がこう言われるのを聞きました。「わたしに何をしてほしいのか。」その時、心に沸き上がった願いは、癒しではなく、「世界中の人が、あなたを知ることが出来ますように」という願いだったそうです。聖霊は「あなたの願いは聞かれたよ」と言われました。そしてその時から病気も癒され、医者が「これは奇跡です」と言うほど元気になりました。さて、この集会にあるアフリカ系のご婦人が出席していました。集会後、感想を尋ねてみると、「あの証はまさしく私に語られたものです」とのことでした。彼女は数カ月前から手の指に力が入らなくなって、鉛筆を握ることもできなくなっていました。病院で検査した結果、首の骨の中で何かが神経を圧迫しており、治療方法はないと言われたそうです。しかしこの姉妹の証を聞いて、自分も主にしっかりと抱かれていることがはっきりと分かり、「主はきっと私も癒して下さる、今日の証を通して私を準備させて下さったと思う」とのことでした。それを聞いて、主がはるばる日本からチームを導いてくださったのはこのような人々のためだったのだと、本当に感動しました。「それでは癒しを受け取りましょう」と手を置いて祈ったところ、主が速やかに癒して下さり、指先に力が戻って、喜びに溢れた笑顔で力強く手を握り返してくれました。(美穂)



 

BLOG





Antioch News
news227



▶その他のイベント、出版情報

「マケドニアの叫びに応えて」一粒社:価格はお問合せ下さい
アンテオケ宣教会35周年記念誌「マケドニアの叫びに応えて…世界宣教への道」が、一粒社より発行されました。聖書が示す主の世界宣教の計画、現代の宣教師像、宣教師への道、宣教師の生活と奉仕、世界宣教の現状と現代的課題、日本の教会による海外宣教の取り組み、の6部構成で、アンテオケ宣教会の宣教師、元宣教師、主事の他、外部数名からの寄稿を盛り込んでいます。

book_1

※事務局でも(特典付にて)販売しておりますのでどうぞご連絡ください。