安川圭吾・美穂 宣教師 派遣国:タンザニア/ダルエスサラーム

Yasukawa
Profile
安川圭吾
兵庫県出身。
28歳の時にイエス・キリストを信じる。
南大阪福音教会にて伝道師として4年間主に仕える。
2008年 結婚、宣教師としてタンザニアに遣わされる。趣味は足裏マッサージと家の修理。

安川美穂
大阪府出身。クリスチャンホームに生まれる。
2003年 宣教師としてタンザニア・ダルエスサラ-ムへ。インド系タンザニア人への宣教奉仕。
2008年 1月、結婚後は夫婦で宣教師として遣わされる。趣味は宣教
長女:実結祈(みゆき)2009年生、長男:剣語(けんご)2013年生

◎現地からのレポート

    Africa

    「恵み」
    タンザニア 安川圭吾・美穂

     どれだけ祈っても十分に祈ったと思えないことってありませんか?一生懸命やるべきことをやっているのに後ろめたく感じてしまうことはありませんか?昨年末までの数か月間、私はずっと霊的スランプに苦しみました。思い切り羽をバタつかせて少し上昇したと思うと、力尽きて降下しはじめ、またバタつかせては上昇と下降を繰り返していました。ある日、主が祈りをやめるようにおっしゃいました。すると今まで知らなかった恵みの世界を見せて下さったのです。十字架ですべての救いのわざが完成したことが、まるで初めて福音を聞いた時のように新鮮にはっきりと心に示されました。こんな自由な世界があったのかと驚きました。皆にシェアーせずにはいられなくて、今年のインド人教会のテーマは「恵みによる安息」になりました。
    2018年はひたすら恵みについてのメッセージを語っています。新生したキリスト者であれば、「ただ信仰によって、代価なし、見返りなしの恵みによって救われた」という共通認識を持っているはずです。しかし救われた後の歩みはどうでしょうか?信仰の世界の入り口は入場無料であっても、一度中に入ると神のご好意と祝福を得るためには代価を支払わなければならないと思っていないでしょうか?十字架で完成した救いのみわざを信じるだけでは不十分で、私たちの働きを追加して、主の期待に応えなければならない、主を喜ばせなければならないと思っていないでしょうか?そのような私たちの肉の働きを「律法(行い)による救い」と言います。律法はいのちをもたらすことが出来ません。私たちを罪に定めて絶望させることが律法の役割だからです。しかし、もはや主が私たちを責められることは決してありません。(ローマ8章1節参照)イエスさまが十字架の上でのろわれた者となられ、私たちを律法ののろいから解放してくださったからです。ハレルヤ!(3月中旬から8月中旬まで日本に一時帰国する予定です。恵みと証をいっぱい携えて参ります。どんな素晴らしい主のみわざを見ることが出来るか楽しみです。)(圭吾)



 

BLOG





Antioch News
news221



▶その他のイベント、出版情報

「マケドニアの叫びに応えて」販売価格1,700円(税別)一粒社
アンテオケ宣教会35周年記念誌「マケドニアの叫びに応えて…世界宣教への道」が、一粒社より発行されました。聖書が示す主の世界宣教の計画、現代の宣教師像、宣教師への道、宣教師の生活と奉仕、世界宣教の現状と現代的課題、日本の教会による海外宣教の取り組み、の6部構成で、アンテオケ宣教会の宣教師、元宣教師、主事の他、外部数名からの寄稿を盛り込んでいます。

book_1

※事務局でも(特典付にて)販売しておりますのでどうぞご連絡ください。