祈りについて  


  • ◎皆様の祈りが必要です
    「勤勉で怠らず、霊に燃え、主に仕えなさい。望みを抱いて喜び、患難に耐え、絶えず祈りに励みなさい。」(ローマ12:11−12)
    アンテオケ宣教会の働きは、ご協力いただく教会や関連団体、そしてこの働きを覚えてくださる一人一人の祈りによって支えられています。一人の力は小さくても、心をひとつにして皆で祈り、献げていくならば、世界宣教の働きは更に前進していくのです。その歩みに一人でも多くの方が加わってくださることを願っています。

  • 【南米
    ★アルゼンチン:在原繁・津紀子師:

    ・40周年記念行事を機に一時帰国します。来年の8月までの教会訪問が祝されますように。
    ・モンテカルロ教会の第二期増築会堂建設が進みますように。長雨が続き、危険なことも多いので。教会員たちが守られ、皆で協力して安全に工事ができますように。スムーズに工事が進みますように
    ・グアッタンブー教会の信者になった方々の成長、教会形成のために。
    ・経済不況のために、グアッタンブー教会では、男性信徒の全員が失業してしまいました。主が日々の必要を満たしてくださいますように。治安が守られ、強盗事件などから信徒たちが守られますように。
    ・パラグアイの広大な4か所の日系宣教区に日本人の牧師か宣教師が起こされますように。先日日系人の葬儀のご奉仕をし、一人の方が救われました。彼の信仰の成長のために。

    ・ご夫妻の健康が支えられますように。
  • 【欧州 】
    ★ドイツ:井野葉由美師: 

    ・日本での短期教会訪問が祝されました。
    ・11月に洗礼を受ける予定の方がいます。信仰を持っている子供たちもいますので、ゆるされれば一緒に受けられるように。
    ・新しい礼拝場所が広く周知していきますように。新しいドイツ教会と良い信頼関係を築いていけますように。
    ・教会の柱となるクリスチャンホームと、男性が与えられるように。
    ・教会の成長と様々な伝道プログラムが祝されますように。
    ・日本に帰国した方々が日本で教会にしっかり繋がりますように。
    ・北ドイツから献身者が起こされますように。
    ・核となっている教会員が高齢になっています。霊肉が強められますように。

     ・お父様が受洗に導かれますように。
  • 【アフリカ 】
    ★タンザニア
    :安川圭吾・美穂師:

    ・リーダーたちが育ってきています。奉仕を通して更に神を愛して成長していきますように。
    ・洗礼を受けた方々の成長のために。新しい信者が偶像礼拝、アルコールなどの束縛から解放され、信仰が大きく成長しますように。
    ・ハニット伝道師夫妻の赤ちゃんや生まれたばかりの2人の赤ちゃんの健やかな成長のために。
    ・まだ届いていないコミュニティに福音が届けられますように。
    ・パンジャビ語の家庭集会を始めることができますように。
    ・子供たちが事件、犯罪から守られ、健やかに成長しますように。ふさわしい教育宣教師が与えられますように。

  • 【アジア 】
    ★韓 国
    :長澤久美子師:

    ・教会は農繁期です。天候が守られ、無事に良い収穫を迎えられるように。
    ・御霊の実を結ぶ教会となりますように。新しい魂が導かれますように。
    ・遠のいていた人、新しい人々が教会に導かれています。彼らの救いのために。
    ・教会の経済が満たされますように。

     ・94歳の義母のリハビリのために。再び歩けるようになりますように

    ・ご夫妻が霊肉共に健康が支えられ、強められますように。特に長澤師が胃腸関係に弱さを覚えておられます。癒しのために。
    ・3人のお子さんたちがそれぞれの道で、豊かに用いられますように。
    ・韓国の政治、為政者に主の導きがありますように。主の平和が与えられますように。

  • ★韓 国:ダニエル朴・任妍貞師:

    ・教会が新しい地で、在韓宣教のために豊かに用いられ、救われる魂が起こされますように。
    ・教会の経済の必要が満たされますように。
    ・KoJaMaの働きが祝され、日韓の架け橋として豊かに用いられますように。
    ・日本BAM士官学校の祝福のために。訓練生が良き器として用いられ、ふさわしいところへ派遣されていきますように。日本で実を結んでいけますように。講師としてご奉仕してくださる方々の祝福のために。
    ・娘さんが今月臨月を迎えます。無事に出産でき、母子ともに守られますように。

  • ★韓 国:三輪修男・文子師:

    ・韓国宣教が祝され、健康で奉仕ができますように。
    ・教会がいろいろな問題、試練の中にありますが、主によって勝利できますように。
    ・教会のご高齢の方々の健康が支えられますように。
    ・毎月の財政が十分に満たされますように。
    ・今年の目標である「一人が一人を導く」ことに全員が参加し、喜んで実行できますように。
    ・教会員の様々な重荷が主の前におろされ、祝されますように。
    ・ご夫妻の健康が支えられるように。

  • ★インドネシア:高橋めぐみ師:

    ・本帰国しました。帰国後の適応と日本での働きを主が導いてくださいますように。
    ・エンティコンの中高生寮の再建プロジェクトのために。現在屋根に取り掛かるところです。工事がスムーズに進み、必要が満たされ、行政からも援助をもらえる道が開かれますように。
    ・新しい寮に住める状態になったら、すぐに子供たちを引っ越しさせる予定です。雨季に入り危険です。子供たちの安全が守られますように。
    ・ATI神学校に専任の校長先生が与えられ、経済も満たされますように。
    ・寮出身者たちの高校卒業後の進路のために。子供たちに経済の必要が満たされ、道が開かれますように。
    ・インドネシアの政治が安定し、抗争や衝突から守られますように。

  • ★インドネシア:松岡知子師:

    ・ATIのスタッフ、神学生の必要が日々守られますように。
    ・日々時間を上手に使い、時間管理、健康管理ができますように。
    ・ご両親の健康が支えられますように。

  • ★モンゴル:高橋真一・千恵美師:

    ・3人のモンゴル人牧師の来日し、滞在が祝されました。
    ・日本ベースでモンゴル宣教を続けています。今後日蒙の往復が、内容、健康面においても確立されていきますように。
    ・モンゴル全体の宣教が拡大しますように。地方教会の成長のために。
    ・TX教会の5つ目のブランチの祝福のために。
    ・血液のガンで戦っておられるS姉の癒しのために。手術や治療の必要が与えられますように。
    ・在日モンゴル人教会の可能性のために。
    ・母教会の祝福、N執事の癒しと回復、リハビリのために。支える会の祝福のために。





宣教活動への支援について 宣教師への具体的支援


  • ◎宣教師を支援するには

  •  想像してみてください。もしあなたが宣教師だったら、日々どういう生活をしているでしょうか。気候や水や食物に慣れ、ことばや生活様式、その地独特の価値観や人間関係のあり方を習得し、現地の人のようなしぐさや表情、買い物でのやり取りが自然にできるようになるまでに、どれくらいの時間とエネルギーがかかるでしょうか。日本の「あたりまえ」が通じない世界で、緊張とストレスの続く中、人々に与え仕えるつもりが、それ以上に現地の人々の世話になりながら、「よそ者」として生活を続けます。思うようにならない中で時には無力感を覚え、必ずしも歓迎されるとは限らない環境で、何が自分を支えるのでしょうか。
      宣教地で生活はしていなくても、私たちは共に主に仕え、福音の前進のために共に重荷を分かち合います。宣教師が日々主と現地の人々に仕えるために、私たちは何ができるのでしょうか。

  • 01. 現地の状況を知る
    宣教師の派遣されている国や地域の状況を理解していただくことは、祈りや具体的な支援のためにとても重要なことです。民族の習慣、文科の違い、政治的な問題など、さまざまな課題があります。具体的な情報については当事務局にお問い合わせください。
  • 02. 必要とされている内容を知る
    派遣宣教師にとって今何が必要なのか、この先必要となるものはどのようなものかについては、日々状況が変化しそれぞれ異なりますので、お問合せいただければ可能な範囲でご案内いたします。
  • 03. 経済的支援について
    宣教師やアンテオケ宣教会の働きのために経済的支援をくださる方は、下記口座へお振込みいただければ幸いです(ゆうちょ銀行、その他金融機関からのお振込)。

    ★ ゆうちょ銀行
    口座番号:00170-4-10379
    口座名義人:アンテオケ宣教会

    ★その他の金融機関からお振込いただく場合
    店  名:ゼロイチキュウ店
    預金種目:当座
    口座番号:0010379
    受取人氏名:アンテオケ センキョウカイ

    ★三菱東京UFJ銀行
    店  番:173
    口座番号:1068695
    受取人氏名:アンテオケ宣教会

  • 04. 物質的支援について
    宣教師のご家庭や現地への物質的な支援については、国や現地の情勢等により行えない場合もありますので、当事務局へお問合せください。
  • 05. 奉仕への参加について
    宣教地によっては、専門技能や知識、特定分野での経験が役立つ場合があります。また、事務局でも一時的に手伝ってくださる方が必要な時があります。志のある方は、事務局へお問い合わせください。

BLOG





Antioch News
news220



▶その他のイベント、出版情報

「マケドニアの叫びに応えて」販売価格1,700円(税別)一粒社
アンテオケ宣教会35周年記念誌「マケドニアの叫びに応えて…世界宣教への道」が、一粒社より発行されました。聖書が示す主の世界宣教の計画、現代の宣教師像、宣教師への道、宣教師の生活と奉仕、世界宣教の現状と現代的課題、日本の教会による海外宣教の取り組み、の6部構成で、アンテオケ宣教会の宣教師、元宣教師、主事の他、外部数名からの寄稿を盛り込んでいます。

book_1

※事務局でも(特典付にて)販売しておりますのでどうぞご連絡ください。





▲ページのトップへ