長澤久美子 宣教師 派遣国:韓国/仁川市西区

Nagasawa
Profile
福岡県生まれ。
1984年 韓国ろう者宣教師として派遣。
1990年 韓国人 李 斗炯(イ・リュウヒョン)牧師と結婚。
江華島ろう者教会、ろう者国際奉仕教会(DMI) にて夫と共に奉仕。3男の母。
http://japan.deafmin.org/


◎現地からのレポート

  • nagasawa

    「春の桜の中で」
    韓国・長澤久美子

     春の桜、ソメイヨシノが咲き始める日本へ帰国し、3月31日関西から始めて5月30日までデピュテーションの旅をしています。 美しいピンクの桜の木の下には黄色の菜の花もしっかりと肩を並べて咲いていて、その色と香りに魅せられます。主の麗しき御手のわざを皆さんとともに賛美します。
    さて、主に在る教会や皆様に宣教の報告をさせていただいていますが、神様は私が日本へ来る前に素晴らしい救いのみわざをなして下さり、悲しみが喜びに変えられたことからまずお伝えします。一昨年胃がんに罹り、その後肝臓に転移した義兄が娘(私の姪)を通し、イエス様を自分の罪からの救い主として受け入れ、アーメンと信仰告白!その後嬉しそうに「葬式は教会でして貰うんです」と病院でクリスチャンドクターに話していたそうです。そして信仰告白した3週間後の今年3月8日、主にある平安の中、永遠の天の御国へと導かれました。今年宣教35年を迎えた私は、祖国から離れて住んでいる宣教師ですが、愛する日本の家族、親戚、友人が救われることも宣教の祝福また恵みです。 そしてもう一つ。3月5日に、全韓国の超教派の800人のサモ(牧師夫人)の中から選ばれる「素晴らしい牧師夫人賞」を、九老のカルバリー監理教会に於いていただきました。日本人として初めての受賞に、会場は驚きと感動に沸き返りました。日韓関係がぎくしゃくしている現在、韓国でろう者宣教をしている日本人のこの者が、多くの韓国の牧師夫人たちの前で選ばれたことに、主の慈しみとご計画の不思議さを思い巡らしております。主に在るこれまでのお祈りとお支えに感謝し、またこれからもご支援くださるよう、よろしくお願いいたします。主の大いなる祝福と恵み、そして力を祈りつつ。



 

BLOG





Antioch News
news226



▶その他のイベント、出版情報

「マケドニアの叫びに応えて」販売価格1,000円(税別)一粒社
アンテオケ宣教会35周年記念誌「マケドニアの叫びに応えて…世界宣教への道」が、一粒社より発行されました。聖書が示す主の世界宣教の計画、現代の宣教師像、宣教師への道、宣教師の生活と奉仕、世界宣教の現状と現代的課題、日本の教会による海外宣教の取り組み、の6部構成で、アンテオケ宣教会の宣教師、元宣教師、主事の他、外部数名からの寄稿を盛り込んでいます。

book_1

※事務局でも(特典付にて)販売しておりますのでどうぞご連絡ください。





▲ページのトップへ