長澤久美子 宣教師 派遣国:韓国/仁川市西区

Nagasawa
Profile
福岡県生まれ。
1984年 韓国ろう者宣教師として派遣。
1990年 韓国人 李 斗炯(イ・リュウヒョン)牧師と結婚。
江華島ろう者教会、ろう者国際奉仕教会(DMI) にて夫と共に奉仕。3男の母。
http://japan.deafmin.org/


◎現地からのレポート

  • nagasawa

    「健康の恵みをいただいて」
    韓国・長澤久美子

     今年は東京でも記録的な大雪が降ったようですね。こちらもとても寒くマイナス17度となり、我が家でも信者さん宅でも二度ほど洗濯機が凍ってしまったほどです。 この寒さも二月半ばの旧正月の頃には終わって欲しいのですが、専業農家の信者さんによると、 やはり一度は「しっかり降ってもらわないと困る!」との事。確かに農地が潤って「雪解け水で春を迎える」のは、切なる願いのようです。
    去年の夏、私はすっかり夏バテをして、もろに体調を崩してしまいました。胃炎と逆流性食道炎で長らく食欲不振に。食べられず、気力も体力も低下して、明るさも元気も無くなってしまいました。秋には胆嚢も怪しいので、二か月後に検査となり、時間もかかり全く元気喪失。思い切って大きな病院に変え、時間はかかったものの、良き医師たちに会い、とても励まされ楽になりました。一月の半ばの胆嚢の検査結果は「さほど問題無し」でした。約半年間でだいぶ痩せましたが、今は食欲も出てきて、少しずつ元気になっています。主の守りの中で健康管理ができ、生活、宣教できるようにお祈り下さい。
    今年一月から教会で初級、中級の言葉、文法の教室をしています。手話とハングル、 漢字、時には英語と日本語も少し入れ、去年から来ている新しい魂達に教え、共に学び喜んでいます。少しずつでも知恵と知識の基なる主キリストを知り、しっかり主に繋がりますように。その中の1人の姉妹は、58歳になるまでろう者にあったことはなく(御主人は健聴者)、一生懸命学んでいます。ご主人は一緒に来ていたのに、最近は教会に休まずに行く奥さんに怒っています。その理由は、今迄は自分の側にだけいて、自分の思う通りに動いていたからです。奥さんは世界が広くなり、ろう者と共に主を学び、交わり、喜んでいます。ご主人もいつか主の愛と恵みに触れられますようにお祈り下さい。
    最後に三男ヨハネは間もなく中国に6ヵ月間留学することになりました。主の知恵と導きの中で良く学び、魂達に良く仕えられますようにお祈り下さい。感謝と共に!



 

BLOG





Antioch News
news221



▶その他のイベント、出版情報

「マケドニアの叫びに応えて」販売価格1,700円(税別)一粒社
アンテオケ宣教会35周年記念誌「マケドニアの叫びに応えて…世界宣教への道」が、一粒社より発行されました。聖書が示す主の世界宣教の計画、現代の宣教師像、宣教師への道、宣教師の生活と奉仕、世界宣教の現状と現代的課題、日本の教会による海外宣教の取り組み、の6部構成で、アンテオケ宣教会の宣教師、元宣教師、主事の他、外部数名からの寄稿を盛り込んでいます。

book_1

※事務局でも(特典付にて)販売しておりますのでどうぞご連絡ください。





▲ページのトップへ