長澤久美子 宣教師 派遣国:韓国/仁川市西区

Nagasawa
Profile
福岡県生まれ。
1984年 韓国ろう者宣教師として派遣。
1990年 韓国人 李 斗炯(イ・リュウヒョン)牧師と結婚。
江華島ろう者教会、ろう者国際奉仕教会(DMI) にて夫と共に奉仕。3男の母。
http://japan.deafmin.org/


◎現地からのレポート

  • nagasawa

    「喜びの報告」
    韓国・長澤久美子

     2月に入り旧正月が終わり、ようやく落ち着いている所です。さて今年、日本は随分雪が降ったようですが、皆さんの所は大丈夫でしたか?こちらはまだ寒く、しかし本格的に雪が降らずに冬が過ぎそうです。農業を営む信徒さんたちは「これからでも雪がしっかり降らないと困る」と言い、天のお父様に祈っています。           
    さて、神様に近づくため、去年の6月に主人が信徒さんたちに聖書の書写(新訳聖書の四福音書)を勧めました。長い信仰生活の中で、読む事はあってもなぜか書く事がなかったなと改めて思いながら、祈りつつ勧めると、それぞれ時間が取れたり取れなかったりでしたが、4人が提出しました。若かりし頃走るのが速かった兄弟は、書くのも速く、主人が言ってからすぐ始め、そして毎日書き、一番早い提出者に。その兄弟に感化され、夏の暑さの中汗をかきかき、途中挿し絵も入れて提出した姉妹。農作業の忙しい合間をぬって時間をつくり、夜寝る前の静まった時に頑張って書き提出した姉妹。それから、もう70才を越えて字を書くには手も目も肩も疲れるでしょうに、それでも信仰を持って書き上げ提出した姉妹。この姉妹はこの事を通して確かに神様との関係が深くなりました。本当に嬉しい報告です。後に続く人がさらに起こされますように、そして主の御言葉をしっかり味わって生活して行けますように。
    もう一つの嬉しい報告は、教会車を購入できたことです。与えられた献げものを頭金に、残りは5年間の月賦ですが、車がない状態は不安でしたし、働きに役立つようにと良い話がありましたので、思い切って新車を購入しました。献げてくださった皆さまに心から感謝いたします。残りの支払いも滞ることがないよう続けてお祈り下さい。 そして最後に、今春3月末から2ヶ月ほど帰国し教会訪問をします。主の導きを求め、新たな出会いを期待し、更に祈りの支援が起こされますように。皆様の尊いお祈りとご支援に感謝し、祝福を祈りつつ。



 

BLOG





Antioch News
news224



▶その他のイベント、出版情報

「マケドニアの叫びに応えて」販売価格1,700円(税別)一粒社
アンテオケ宣教会35周年記念誌「マケドニアの叫びに応えて…世界宣教への道」が、一粒社より発行されました。聖書が示す主の世界宣教の計画、現代の宣教師像、宣教師への道、宣教師の生活と奉仕、世界宣教の現状と現代的課題、日本の教会による海外宣教の取り組み、の6部構成で、アンテオケ宣教会の宣教師、元宣教師、主事の他、外部数名からの寄稿を盛り込んでいます。

book_1

※事務局でも(特典付にて)販売しておりますのでどうぞご連絡ください。





▲ページのトップへ