(ダニエル)潤秀/任 妍貞(リム・ヨンジョン) 宣教師 派遣国:韓国/ソウル市北区

Paku
Profile
2007年より韓国ソウルにて日本VISION教会主任牧師
在韓日本人伝道

日本VISION教会ホームページ http://japanvision.onmam.com/


◎現地からのレポート

  • Baptise

    「新しい展開」
    韓国 朴ダニエル・任妍貞

     JBA(Japan BaM Academy)がはじまり、3年目を迎えています。JBAを通じて献身した青年が3人います。すべて30代の青年です。一人は小学校の先生ですが、1回目の卒業生です。現在は教職を維持しながら、韓国の神学大学院の夜間で神学を学んでいます。後の二人は1学期生と2学期生ですが、JBAを卒業後、KBIに留学しようとしています。今回の大阪訓練で大田学院長と面接すると思います。
     日本ビジョン教会は創立10周年記念礼拝を終え、肯定的な変化があります。特にビジネス宣教師訓練院であるJBAの卒業生が輩出され、日本に行く人がこれから多くなります。そこで、日本に日本ビジョン共同体の拠点が必要になりました。東京と対馬や韓国に近い福岡に支部が立てたらと、心からお祈りました。ところが、主は私の本拠地である大阪に拠点を許されました。実は、3年6ヶ月の間大阪の生野区で牧会をしていた韓国人牧師が、ビザの期限切れで帰国してしまいました。3-4ヶ月前から私に連絡があり、後継者の派遣を依頼されました。後で詳しく報告する機会があるでしょうが、ここにインタナショナルVIPクラブの日韓交流会を開設し、日本と韓国のビジネスと文化の交流を通じたJBAの拠点とします。VIP日韓交流会は毎月1回、第3土曜日午後に開く予定です。最初の集会は3月16日の午後5時です。礼拝堂もありますので、主日礼拝も捧げたいと思います。
     2月14日から17日まで13人のJBAの生徒が大阪アウトリーチに行きます。私の母教会の八尾福音教会に滞在しながら、KBIとVIP関西センターを訪問し、生野区のVIP韓日交流会の礼拝堂と宿泊施設、ビジネスルームの掃除と整理をして、最初の祈祷会を開く予定です。祈ってください。大阪を訪問するアンテオケ宣教会の関係者がおられれば、少し不便かも知れませんが、宿泊することができます。
     在韓邦人宣教と日韓の霊的架け橋役の使命をもって、アンテオケ宣教会から韓国に派遣され11年になりました。今までお祈りと応援をしてくださった一人一人に心から感謝します。引き続きお祈りと応援を宜しくお願いします。


 

BLOG





Antioch News
news224



▶その他のイベント、出版情報

「マケドニアの叫びに応えて」販売価格1,700円(税別)一粒社
アンテオケ宣教会35周年記念誌「マケドニアの叫びに応えて…世界宣教への道」が、一粒社より発行されました。聖書が示す主の世界宣教の計画、現代の宣教師像、宣教師への道、宣教師の生活と奉仕、世界宣教の現状と現代的課題、日本の教会による海外宣教の取り組み、の6部構成で、アンテオケ宣教会の宣教師、元宣教師、主事の他、外部数名からの寄稿を盛り込んでいます。

book_1

※事務局でも(特典付にて)販売しておりますのでどうぞご連絡ください。





▲ページのトップへ