(ダニエル)潤秀/任 妍貞(リム・ヨンジョン) 宣教師 派遣国:韓国/ソウル市北区

Paku
Profile
2007年より韓国ソウルにて日本VISION教会主任牧師
在韓日本人伝道

日本VISION教会ホームページ http://japanvision.onmam.com/


◎現地からのレポート

  • Baptise

    「大阪ビジョン教会のこと」
    韓国 朴ダニエル・任妍貞

      ソウル日本ビジョン教会が12年目になりました。神様は、私の本拠地である大阪に日本ビジョン教会の枝教会として大阪ビジョン教会を開拓するように、不思議な方法で導いてくださいました。韓国の日本ビジョン教会もよく出来ないのに大変だと思いました。でも神様は、宣教の思いと主に従順したい心を受けてくださいました。まずは、日本ビジョン教会のメンバーとJBAのメンバーが喜びを持って立ち上がりました。そして支える会の梅津様と才門様が特別献金をしてくださいました。八尾福音教会の道本先生と関西聖書学院の大田先生、八尾南福音教会の福島先生も、お祈りで応援してくださいました。支える会の藤原兄弟と私が伝道して八尾福音教会で受洗された木村姉妹も、奉仕をしてくださるようになりました。主は生きて働かれるお方です。
     そしてこのことと並行して4月から毎月第3週に開く、JBA大阪ビジョン・トリップの第1回目の日程が決まりました。講師を関西聖書学院の大田学院長と韓国の純福音教会のオサンリ祈祷院の院長だったキム・ウォンチョル牧師が引き受けてくださいました。当初12名ほどの参加予定でしたが意外に申し込みが多く、15名を超えるほどになりました。8月までのスケジュールが決まりました。
     企画の主な目的は次の3つです。
    1.参加者が気軽に旅行をしながらも日本の教会、文化、社会を体験し、日本に対する良い印象を持つように。
    2.参加者が大阪ビジョン教会とJBA、またVIP日韓交流会のことを知り、日韓が良い関係となるための霊的架け橋としての日本ビジョン共同体の働きの一端を担う。
    3.参加者が大阪ビジョン教会を経済的支援と祈りで支える。また大阪ビジョン教会の信徒と奉仕と交わりを通して主の恵みと喜びをともに味わう。
    今後、これまで以上に日韓の往復の機会が増えると思います。皆さまにおかれては、どうかこの者が霊肉ともに守られますよう、引き続きお祈りいただければ幸いです。(ダニエル)


 

BLOG





Antioch News
news226



▶その他のイベント、出版情報

「マケドニアの叫びに応えて」一粒社:価格はお問合せ下さい
アンテオケ宣教会35周年記念誌「マケドニアの叫びに応えて…世界宣教への道」が、一粒社より発行されました。聖書が示す主の世界宣教の計画、現代の宣教師像、宣教師への道、宣教師の生活と奉仕、世界宣教の現状と現代的課題、日本の教会による海外宣教の取り組み、の6部構成で、アンテオケ宣教会の宣教師、元宣教師、主事の他、外部数名からの寄稿を盛り込んでいます。

book_1

※事務局でも(特典付にて)販売しておりますのでどうぞご連絡ください。





▲ページのトップへ