高橋めぐみ 宣教師 派遣国:インドネシア/西カリマンタン、アンジュンガン

M_Takahashi
Profile
2017年10月末に本帰国し、2018年4月より日本ベースにて、KBI(関西聖書学院)の教師、
インドネシア現地にて年数回奉仕、ミッションツアー引率などの働きにシフト。

高橋めぐみ宣教師を支える会ホームページ http://www.geocities.jp/indonesiaasrama/


◎現地からのレポート

    Indonesia

    「インドネシア・ミッション」
    インドネシア 高橋 めぐみ

     皆様の変わらないお祈りと支援を感謝いたします。私は昨年10月末に帰国しましたが、インドネシア・西カリマンタンでの宣教の働きは継続しております。支援会の名称は4月より「インドネシアミッション」に改称しました。この名前に改称した背景には、益々多くの人にこの働きに加わっていただき、「共に」組み合わさって宣教の働きを前進していきたいという願いがあります。
    2年前から取り掛かってきました、マレーシアとの国境エンティコンにある新グロリア中高生寮ですが、建物の完成に至るまで、多くの人が関わってくださいました。建築の必要の為に最初に献げてくれたのは、グロリア寮卒業生のシンファット君でした。また全体の必要も神様の不思議な方法で、結果的には50%弱をインドネシアの教会や個人(日本や他の国に在住のインドネシア人も含む)が支えてくださったという結果になりました。これは本当に嬉しい事でした。実はグロリア寮の建築に取り掛かる時からこのプロジェクトが費用の面でもインドネシと日本とが「共に」手をとって進めていける事が祈りの課題でした。ただインドネシア側、 と言っても建築予算額があまりにも大きいので、政府からの援助金を大いに期待していました。しかし、蓋を開けると神様の方法はそれではなく、宣教の為に祈っている個人や教会によって献げられるという事でした。今回のインドネシアミッションという名称にはそのような流れもあると思います。
    私は今年3月に大阪インドネシア福音教会に奉仕に行きました。教会員の多くが日本語もできる若い世代のインドネシア人です。この教会のプログラムを見たとき、日本人への証しの訓練がありました。私はこの教会の目が日本在住のインドネシア人だけに向けられる事なく、周りにいる日本人の救いにも至っている事に大変感心し嬉しく思いました。日本からインドネシア、またインドネシアから日本、共に宣教していく時代になってきたのだと思わされました。これからも私はその間で橋渡しとなっていきたいと願っています。



 

BLOG





Antioch News
news222



▶その他のイベント、出版情報

「マケドニアの叫びに応えて」販売価格1,700円(税別)一粒社
アンテオケ宣教会35周年記念誌「マケドニアの叫びに応えて…世界宣教への道」が、一粒社より発行されました。聖書が示す主の世界宣教の計画、現代の宣教師像、宣教師への道、宣教師の生活と奉仕、世界宣教の現状と現代的課題、日本の教会による海外宣教の取り組み、の6部構成で、アンテオケ宣教会の宣教師、元宣教師、主事の他、外部数名からの寄稿を盛り込んでいます。

book_1

※事務局でも(特典付にて)販売しておりますのでどうぞご連絡ください。





▲ページのトップへ