井野葉由美 宣教師 派遣国:ドイツ/ハンブルク

Ino
Profile
ドイツ留学中(声楽)にキリストに出会う。
2006年より北ドイツの邦人宣教に従事。ハンブルク日本語福音キリスト教会牧師。
*メールマガジンをご希望の方は以下のアドレスにお申し込みください。
月1回くらい配信しています。hayumi@m5.kcn.ne.jp

ハンブルク日本語福音キリスト教会ホームページ http://www.nd-jcf.de/


◎現地からのレポート



    「自国にいても外国人宣教」
    ドイツ 井野 葉由美

     日本の皆様こんにちは。皆様がこのニュースレターをお読みになる頃、私は日本で宣教報告に伺っている頃だと思いますが、毎回6週間の限られた時間しかないので、ほとんどの方々には実際にお会いできないままとなってしまいます。この場を借りて、いつもお祈り、ご支援いただいている皆様に、心より御礼申し上げます。
     今回はコーニッツァー夫妻をご紹介します。彼らはハンブルグ日本語教会誕生のきっかけとなった方々です。ご主人のマーティンは学生の頃キャンパス・クルセードで日本に行き、日本人への宣教の思いが与えられました。ドイツに戻ってみるとハンブルグにも日本人がいることを知り、「日本人クリスチャンと出会わせてください」と祈り始めました。そして出会った日本人クリスチャンとともに、日本語教会誕生のために尽力してくださったのです。専任の牧師が与えられてからはその牧師に後を任せて、信徒として留学生伝道に力を注いで来られました。一方奥様のマーレンは、ずっと日本人主婦のためにドイツ語コースを続けてくださっています。毎週バイブルタイムが持たれ、ドイツ語コースから信仰に導かれた方もおられます。伝道目的の食事会やクリスマス会には必ずご夫妻で出席してくださり、日本人とのコンタクトを取ってくださっています。昨年マーティンは早期退職をして、もう一度日本人ビジネスマンに伝道したいとOMFの協力宣教師の資格を取りました。そして今、日本語を学びつつ、月に1回の割合で日本語教会の礼拝に出席しています。マーティン自身も日本人ビジネスマンの仕事のハードさに驚き、彼らに伝道することの難しさを感じていますが、このような協力者が与えられていることを主に感謝しています。
     最近、日本にも外国人が増えていると聞いています。ドイツでのコーニッツァー夫妻のように、日本に居ながらにして外国人伝道ができる時代が来ていると感じます。イスラム教徒やユダヤ人も日本人には壁が少なく、心を開きやすいそうです。ぜひあなたも、周りにいる外国人に声をかけてみませんか。
    http://www.europetsudoi.net/

    ドイツ01

    ドイツ02

    ドイツ03



 

BLOG





Antioch News
news226



▶その他のイベント、出版情報

「マケドニアの叫びに応えて」販売価格1,000円(税別)一粒社
アンテオケ宣教会35周年記念誌「マケドニアの叫びに応えて…世界宣教への道」が、一粒社より発行されました。聖書が示す主の世界宣教の計画、現代の宣教師像、宣教師への道、宣教師の生活と奉仕、世界宣教の現状と現代的課題、日本の教会による海外宣教の取り組み、の6部構成で、アンテオケ宣教会の宣教師、元宣教師、主事の他、外部数名からの寄稿を盛り込んでいます。

book_1

※事務局でも(特典付にて)販売しておりますのでどうぞご連絡ください。





▲ページのトップへ