井野葉由美 宣教師 派遣国:ドイツ/ハンブルク

Ino
Profile
ドイツ留学中(声楽)にキリストに出会う。
2006年より北ドイツの邦人宣教に従事。ハンブルク日本語福音キリスト教会牧師。
*メールマガジンをご希望の方は以下のアドレスにお申し込みください。
月1回くらい配信しています。hayumi@m5.kcn.ne.jp

ハンブルク日本語福音キリスト教会ホームページ http://www.nd-jcf.de/


◎現地からのレポート



    「The Turning!」
    ドイツ 井野 葉由美

     10月13日~20日の1週間、ロンドン近郊の町レディングで始まった「The Turning」という路傍伝道に、ハンブルグの福音主義教会連合が力を合わせて取り組みました。これは、一般の信徒たちがまず教会に集まり、1時間ほどの手ほどきを受けた後、二人組になって町に出て行き歩きながら道行く人に話しかけ、福音を語るというものです。メッセージは2つ。「神はあなたを愛している。」「神はあなたに素晴らしい計画をお持ちだ。」その後すぐに、「あなたは天国に行ける確信がありますか?」と質問します。いきなりこんな質問、とんでもないと思うでしょう。ところが意外にこの質問がカギとなり、多くの人は真剣に考えてくれるのです。そしてその場で相手の祝福を祈り、その方がイエスに心を開くように祈ります。もし準備のできている人だったらイエスを信じる祈りを導きます。さらに連絡先をいただいて、今後の学びの約束をします。・・・読者の皆さんは「なんと強引な。そんなにうまくいくはずがない」と思われることでしょう。
    この期間、ハンブルグでは様々な教派から約40の教会がこの路傍伝道に参加しました。市内各地域で毎日午前と午後に1時間ずつ通りに出て行きました。参加したクリスチャンは延べ713名。日本語教会からも私を含めて3名が参加しました。結果は・・・ハンブルグ全域で696名が祝福の祈りを受け入れ、なんと123名が信仰告白に導かれたのです。ハレルヤ!さらに約100名が今後の学びを求めて連絡先を残して行かれました。神が働かれるのを目の当たりに見せていただきました。「The Turning」には、神を知らない人が神を知り向きを変えるという意味もありますが、クリスチャンが「教会に来てください」というあり方から、「自分たちが神のメッセージを携えて外に出て行く」と向きを変える意味があります。そして「伝道は難しい」という思いから「私にもできる」と変えられること。神からの大きな励ましをいただき、ハンブルグ福音主義教会連合はこの路傍伝道を定期的に続けて行くことを決定しています。
    http://www.europetsudoi.net/

    ドイツ01

    ドイツ02

    ドイツ03



 

BLOG





Antioch News
news224



▶その他のイベント、出版情報

「マケドニアの叫びに応えて」販売価格1,700円(税別)一粒社
アンテオケ宣教会35周年記念誌「マケドニアの叫びに応えて…世界宣教への道」が、一粒社より発行されました。聖書が示す主の世界宣教の計画、現代の宣教師像、宣教師への道、宣教師の生活と奉仕、世界宣教の現状と現代的課題、日本の教会による海外宣教の取り組み、の6部構成で、アンテオケ宣教会の宣教師、元宣教師、主事の他、外部数名からの寄稿を盛り込んでいます。

book_1

※事務局でも(特典付にて)販売しておりますのでどうぞご連絡ください。





▲ページのトップへ