在原 繁・津紀子 宣教師 派遣国:アルゼンチン/ミシオネス

Arihara
Profile
静岡県生まれ。関西聖書学院、MTC(宣教師訓練センター)で学ぶ。
1988年 アルゼンチン日系人伝道に5人家族で出発。アルゼンチン、ミシオネス州ポサダス市を拠点とし、パラグアイを含め毎月11カ所 (3000Km)を巡回伝道。サンハビエル開拓伝道を応援後、現在、モンテカルロにて現地開拓伝道を応援。

御殿場純福音キリスト教会ホームページ http://www4.tokai.or.jp/gotembanewhope/

◎現地からのレポート

    arihara

    「混迷する南アメリカは…」
    アルゼンチン/ミシオネス 在原 繁・津紀子

     「起きよ、光を放て。あなたの光が来て、主の栄光があなたの上に輝いているからだ。」(イザヤ書60章1節)
     年末から年始にかけて、このみ言葉が私たちに力と勇気を与えてくれました。たとえ宣教地の現況がどうであれ、導かれた行程下で主の光を反映させていきたいと思います。日本の皆様、新しい年も互いに励まし合いながら前進して参りましょう。
     約一年前から始まった経済恐慌の嵐は、その後加速するインフレ、失業者急増、流浪家族、治安悪化という姿を露呈しながら、国内を揺り動かしています。しかし、たとえ社会が暗くても、結構明るく賑やかな分野もあるものです。この地で一番活気溢れる場所といえば、まずスラム街でしょう。そこが私有地であれ何であれ「入り込んで土台を築けばこっちのもんだ~い」とばかり、他所から移転してきた人々の廃材掘っ立て小屋が、我が家の北方至近距離に乱立し始めています。土壇場に追い詰められた民とはいえ、貧しくても元気ハツラツ、それはなぜか?気概に満ちたというより、「そのうち何とかなるだろう」という言葉の充満する、ここはラテン(楽天)アメリカだからです。次に、国道を封鎖占拠しながら怒りをぶちまける労働組合員でしょうか。解雇、賃金未払いで希望を絶たれた人々の怒りというか熱気はすごいもので、抗議現場には家族も応援に巻き込んで、さながら日本の夏祭りを見るようです。時には占拠した国道のど真ん中で、ワイン片手にバーベキューで気勢をあげる始末です。食い扶持を奪われた群衆がです。これには私たちはめまいを起こしっぱなしです。
     どこよりも明るい場所、それはやはりキリスト教会です。不況による民の流出に心揺れるとはいえ、逆に他州、他国からの流入組もおり、最近はベネズエラからの難民も増え始めて、諸教会に霊的活性をもたらしています。かの国のインフレ率は一千万%、国外への脱出人口は三百万を超え、医師の半数が国外へ脱出したとのこと。これでは国家は疲弊衰退で破綻でしょう。しかし、難民の中には聖霊に燃やされた主の聖徒が多数存在し、激しく流転を繰り返しながら、南米における主の働きは前進します。(繁)
     
  • イグアスの滝


 

BLOG





Antioch News
news224



▶その他のイベント、出版情報

「マケドニアの叫びに応えて」販売価格1,700円(税別)一粒社
アンテオケ宣教会35周年記念誌「マケドニアの叫びに応えて…世界宣教への道」が、一粒社より発行されました。聖書が示す主の世界宣教の計画、現代の宣教師像、宣教師への道、宣教師の生活と奉仕、世界宣教の現状と現代的課題、日本の教会による海外宣教の取り組み、の6部構成で、アンテオケ宣教会の宣教師、元宣教師、主事の他、外部数名からの寄稿を盛り込んでいます。

book_1

※事務局でも(特典付にて)販売しておりますのでどうぞご連絡ください。