在原 繁・津紀子 宣教師 派遣国:アルゼンチン/ミシオネス

Arihara
Profile
静岡県生まれ。関西聖書学院、MTC(宣教師訓練センター)で学ぶ。
1988年 アルゼンチン日系人伝道に5人家族で出発。アルゼンチン、ミシオネス州ポサダス市を拠点とし、パラグアイを含め毎月11カ所 (3000Km)を巡回伝道。サンハビエル開拓伝道を応援後、現在、モンテカルロにて現地開拓伝道を応援。

御殿場純福音キリスト教会ホームページ http://www4.tokai.or.jp/gotembanewhope/

◎現地からのレポート

    arihara

    「力は何処から」
    アルゼンチン/ミシオネス 在原 繁・津紀子

      日本の皆様、私の「再検査」と、すでに日本宣教の準備下にあったパトリシア姉をお連れする目的で短期帰国し、ふた月が過ぎようとしています。ご愛を有難うございます。アルゼンチンの国花ラパ-チョの落ち葉舞うその朝、宣教地を離れる私たちは、後ろ髪を引かれる思いで、後方を振り返ってばかりいました。それは、経済不況の波は奥地宣教地を席巻して
    おり、民は言いようのない不安に打ちひしがれ、暗い空気が全土を覆っていたからです。
    そんな逆境下、私たちが関わっているモンテカルロ、グアッタンブ-両教会のクリスチャンたちの状況も例外ではありませんでした。失業、低賃金、仕事を求め他の町や州へ移転する家族が目立ち、世の人々と同じ苦しみを強いられていたからです。「9月に現地へ戻ってから、どこから着手し、どうすべきか?」眼前に備えられた行程を思っては首をかしげて腕組みし、口は自然と溜息をつきながら唇を噛んでしまいます。しかし、逆境に置かれているからこそ「眼を創造者に向け、全き信頼をもって祈り、立ち上がる時」と、自分の尻を叩いている今日です。どうか、お祈りをお願いいたします。
    「誰もやったことのないことをやりなさい。一番大事なことはやってみる勇気なのだ」とは物理学者アインシュタインの言葉です。この言葉は、奥地宣教に挑戦しこれを継続する私たちに「力」となってきたことは事実です。未伝地への挑戦に勇気という「力」は不可欠だったからです。しかし、人間の口から発する数多くの格言なる言葉にはしょせん限界があるものです。時の経過とともにそれは地に落ち、やがて心から霧散していきました。
    実に「主への信頼」を第一に掲げ、奥地へと挑んだ時に私たちを奮い立たせたその「力」とは、「わたしは、いつもともにいるのです」と約束された主の「臨在」であり、聖霊の「導きと助け」、そして開かれた「みことば」による御声でした。「大事を主に期待しよう」と言わしめたもの、それは、信仰の祈りに対する神様の真実な応答の声でした。(繁)
     
  • イグアスの滝


 

BLOG





Antioch News
news227



▶その他のイベント、出版情報

「マケドニアの叫びに応えて」一粒社:価格はお問合せ下さい
アンテオケ宣教会35周年記念誌「マケドニアの叫びに応えて…世界宣教への道」が、一粒社より発行されました。聖書が示す主の世界宣教の計画、現代の宣教師像、宣教師への道、宣教師の生活と奉仕、世界宣教の現状と現代的課題、日本の教会による海外宣教の取り組み、の6部構成で、アンテオケ宣教会の宣教師、元宣教師、主事の他、外部数名からの寄稿を盛り込んでいます。

book_1

※事務局でも(特典付にて)販売しておりますのでどうぞご連絡ください。